FireDAC.Comp.Client.TFDCustomConnection.OnRecover

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

property OnRecover: TFDConnectionRecoverEvent read FOnRecover write FOnRecover;

C++

__property TFDConnectionRecoverEvent OnRecover = {read=FOnRecover, write=FOnRecover};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
event public
FireDAC.Comp.Client.pas
FireDAC.Comp.Client.hpp
FireDAC.Comp.Client TFDCustomConnection


説明

DBMS への接続が失われた際に、発生します。

OnRecoverイベント ハンドラは、次のパラメータを受け取ります:

  • <ASender> は接続です。
  • <AInitiator> は、接続が失われているのを検知するオブジェクトです。
  • <AException> は、発生した問題を説明する例外です。
  • <AAction> は、この問題を処理するために FireDAC が行わなければならない アクション を決定します。

OnRecover を処理すると、問題の原因を分析し、FireDAC が問題をどのように処理しなければならないかを決定することができます。FireDAC がどのように問題を処理しなければならないかを決定するには、<AAction> の値を、次のいずれかの値に変更します:

アクション 説明

faDefault
(デフォルト)

ResourceOptions.AutoReconnectTrue の場合、再接続を試行します。
ResourceOptions.AutoReconnectFalse(デフォルト)の場合、接続を閉じて、<AException> を発生させます。

faFail

接続をクローズし、<AException> を発生させます。

faRetry

再接続を試行します。

faCloseAbort

接続をクローズし、現在のオペレーションを中止します。

faOfflineAbort

接続をオフライン モードに切り替え、現在のオペレーションを中止します。

FireDAC に接続を再試行させるには、次のいずれかを行います:

  • <AAction> の値を faRetry に変更します。
  • <AAction> の値は faDefaultResourceOptions.AutoReconnectTrue のままにします。

FireDAC に接続を再試行させる場合、FireDAC は接続を 3 回まで試行させることができます。3 回接続に失敗すると、FireDAC は接続を閉じ、<AException> を発生させます。

関連項目