FMX.Types.TFmxObject.AnimateFloatWait

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

procedure AnimateFloatWait(const APropertyName: string; const NewValue: Single; Duration: Single = 0.2;  AType: TAnimationType = TAnimationType.In; AInterpolation: TInterpolationType = TInterpolationType.Linear);

C++

void __fastcall AnimateFloatWait _DEPRECATED_ATTRIBUTE1("Use FMX.Ani.TAnimator instead") (const System::UnicodeString APropertyName, const float NewValue, float Duration = 2.000000E-01f, TAnimationType AType = (TAnimationType)(0x0), TInterpolationType AInterpolation = (TInterpolationType)(0x0));

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
FMX.Types.pas
FMX.Types.hpp
FMX.Types TFmxObject

説明

警告: AnimateFloatWait は非推奨になっています。Ani.TAnimator を使用してください。

このオブジェクト(自分自身)の TFloatAnimation を作成し、アニメーションが完了するまで戻りません。

AnimateFloatWaitTFloatAnimation を作成し、その親をこの TFmxObject にし、アニメーションが完了するまで戻りません。

AnimateFloatWait は、次のことを行います:

  • このフロート アニメーションの AnimationType プロパティを、AType パラメータで渡された TAnimationType に設定します。
  • このフロート アニメーションの Interpolation プロパティを、AInterpolation パラメータで渡された TInterpolationType に設定します。
  • このフロート アニメーションの Duration イベントを、Duration パラメータで渡された整数に設定します。
  • このフロート アニメーションの PropertyName プロパティを、APropertyName パラメータで渡された文字列に設定します。
  • このフロート アニメーションの StartFromCurrent プロパティを、True に設定します。
  • このフロート アニメーションの StopValue プロパティを、NewValue パラメータで渡された実数値に設定します。
  • Start を呼び出すと、アニメーションが停止します。

関連項目