FMX.Types.TFmxObject.AnimateFloat

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

procedure AnimateFloat(const APropertyName: string; const NewValue: Single; Duration: Single = 0.2;  AType: TAnimationType = TAnimationType.In; AInterpolation: TInterpolationType = TInterpolationType.Linear);

C++

void __fastcall AnimateFloat _DEPRECATED_ATTRIBUTE1("Use FMX.Ani.TAnimator instead") (const System::UnicodeString APropertyName, const float NewValue, float Duration = 2.000000E-01f, TAnimationType AType = (TAnimationType)(0x0), TInterpolationType AInterpolation = (TInterpolationType)(0x0));

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
FMX.Types.pas
FMX.Types.hpp
FMX.Types TFmxObject

説明

警告: AnimateFloat は非推奨になっています。Ani.TAnimator を使用してください。

このオブジェクト(自身)に TFloatAnimation を作成し実行します。

AnimateFloat は、TFloatAnimation を作成し、この TFmxObject(自身)の親にします。

このフロート アニメーションの PropertyName プロパティを、APropertyName パラメータで渡された文字列に設定します。 この文字列は、Float 型の、親のプロパティのいずれかの名前でなければなりません。 ネストしているプロパティを参照する場合には、ドット表記を使います。 以下に例を示します。 'Opacity' and 'Position.X'

このフロート アニメーションの StopValue プロパティを、NewValue パラメータで渡された short integer の値に設定します。

このフロート アニメーションの Duration プロパティを、Duration パラメータで渡された整数に設定します。 Duration は、PropertyName プロパティで指名されたプロパティの現在値から、このフロート アニメーションのStopValue の値まで変化する秒数です。

このフロート アニメーションの AnimationType プロパティを、AType パラメータで渡された TAnimationType に設定します。

このフロート アニメーションの Interpolation プロパティを、AInterpolation パラメータで渡された TInterpolationType に設定します。

このフロート アニメーションの StartFromCurrent プロパティを、True に設定します。

Start を呼び出すと、アニメーションが停止します。 このプロパティは、Duration の間、現在の値から StopValue の値までアニメーションされます。

メモ: このメソッドが呼ばれた時点でこのオブジェクトが Visible でなかった場合、アニメーションは実行されません(アニメーションは作成されますが、実行はされません)。

関連項目

コード サンプル