FMX.Styles.Objects.TActiveStyleObject

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

FMX.Styles.Objects.TCustomStyleObjectFMX.Controls.TControlFMX.Types.TFmxObjectSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTActiveStyleObject

Object Pascal

TActiveStyleObject = class(TCustomStyleObject)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TActiveStyleObject : public TCustomStyleObject

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
FMX.Styles.Objects.pas
FMX.Styles.Objects.hpp
FMX.Styles.Objects FMX.Styles.Objects

説明

リンクされている画像の部分領域を操作する 2D 画像コンポーネントを定義するものです。

FMX.Styles.Objects.TActiveStyleObject は FMX.Styles.Objects.TCustomStyleObject を継承しています。以下の内容はすべて FMX.Styles.Objects.TCustomStyleObject を参照しています。


リンクされている画像の部分領域を操作する 2D 画像コンポーネントを定義するものです。


TControl を継承しており、コントロールを設計するためのラスタ スタイルを定義するのに使用できます。

部分領域を切り取る元となる画像(大きい画像)を設定するには、Source プロパティを使用します。現在の TCustomStyleObject と元の 画像とのリンクは、SourceLookup を通じて作成することもできます。SourceLookup の使用時には、元画像として使用する TImageStyleName プロパティを必ず設定します。

FireMonkey では、多重解像度ビットマップを使用して、さまざまな倍率および解像度で画面に表示できるビットマップ画像を処理します。多重解像度ビットマップは、画像が同じで倍率が異なる TCustomBitmapItem ビットマップ項目のコレクションです。

FireMonkey の画像では、表示に最も適したビットマップ画像を、画像の MultiResBitmap プロパティで参照される多重解像度ビットマップに格納されているビットマップ項目から取得します。このビットマップ項目は、デバイス画面の倍率に最も合うビットマップ項目倍率になっています。(なお、FireMonkey では、この倍率をシーン倍率から取得するか(値が割り当てられている場合)、キャンバスScale プロパティから取得します。

TCustomStyleObject の下位クラスでは、GetCurrentLink を使用して、多重解像度ビットマップに含まれているビットマップ項目へのリンクを取得します。部分画像の寸法を設定するには、デバイスの倍率に最も合う TBitmapLink.Scale プロパティを持つビットマップ リンクの TBitmapLink.SourceRect プロパティを使用します。

WrapMode プロパティを使用すると、TCustomStyleObject 表示面をレンダリングするためのビットマップ部分画像のサイズ変更、複製、位置合わせを行うかどうか、およびその方法を指定できます。

次の例では、TCustomStyleObject は元画像の中央の領域です。

TSubImage.png

関連項目