FMX.StdCtrls.TPathLabel

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

FMX.Controls.TStyledControlFMX.Controls.TControlFMX.Types.TFmxObjectSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTPathLabel

Object Pascal

TPathLabel = class(TStyledControl)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TPathLabel : public Fmx::Controls::TStyledControl

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
FMX.StdCtrls.pas
FMX.StdCtrls.hpp
FMX.StdCtrls FMX.StdCtrls

説明

TPathData に格納されている情報を FireMonkey フォーム内に表示するためのグラフィカル コントロールを表します。


FireMonkey フォームで TPathLabel コンポーネントを使用すると、TPathData の表示機能を追加できます。

たとえば、以下の画像では、TPathData オブジェクトを使って 3 つの四角形を表示しています。

 var
   PathData: TPathData;
 
 begin
   PathData:= TPathData.Create;
   PathData.AddRectangle(RectF(20, 20, 80, 80), 0, 0, AllCorners);
   PathData.AddRectangle(RectF(10, 10, 90, 90), 0, 0, AllCorners);
   PathData.AddRectangle(RectF(0, 0, 100, 100), 0, 0, AllCorners);
   PathLabel1.Data := PathData;
 
   { ... other instructions ... }

PathLabel.png

テキストを表示するオブジェクトをフォームに追加するには、TLabel を使用します。

関連項目

コード例