FMX.StdCtrls.TCustomButton.MouseUp

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

procedure MouseUp(Button: TMouseButton; Shift: TShiftState; X, Y: Single); override;

C++

virtual void __fastcall MouseUp(System::Uitypes::TMouseButton Button, System::Classes::TShiftState Shift, float X, float Y);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
protected
FMX.StdCtrls.pas
FMX.StdCtrls.hpp
FMX.StdCtrls TCustomButton

説明

OnMouseUp イベントのディスパッチャです。

FMX.StdCtrls.TCustomButton.MouseUp は FMX.Controls.TControl.MouseUp を継承しています。以下の内容はすべて FMX.Controls.TControl.MouseUp を参照しています。

OnMouseUp イベントのディスパッチャです。

コントロールは、どのマウス アップ メッセージにも応じて MouseUp を呼び出します。その際、メッセージ パラメータは、シフト キーの状態や位置にデコードされ、それぞれ ShiftXY の各パラメータとして渡されます。

  • Button は、左、右、中央のどのマウス ボタンが事前に押されたかを判断します。
  • Shift は、押されたマウス ボタンが離された際に、どのシフト キー(SHIFT、CTRL、ALT、CMD(Mac の場合のみ))が下がっていたかを示します。
  • XY は、コントロールのクライアント領域内にある、マウス ポインタのピクセル座標です。

protected MouseUp メソッドをオーバーライドすると、カーソルがコントロール上にある状態で、事前に押されていたマウス ボタンが離された際に、別の応答の仕方も提供することができます。

関連項目