FMX.Objects.TLine

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

FMX.Objects.TShapeFMX.Controls.TControlFMX.Types.TFmxObjectSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTLine

Object Pascal

TLine = class(TShape)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TLine : public TShape

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
FMX.Objects.pas
FMX.Objects.hpp
FMX.Objects FMX.Objects

説明

TLine は 2 次元の直線を定義したものです。TControl を継承しており、コントロールを作成するためのスタイルで使用できます。


描画する直線の端点は、TLine オブジェクトの以下のプロパティで定義されます。

  • ShapeRectLineType によって描画対象の直線分が定義されます。
    • LineType では線分の方向が定義されます。
    • この線分とローカルの四角形の交点によって、直線分の端点が定義されます。
  • RotationCenter では描画する直線を取得するために直線分を回転させるときの回転軸が、RotationAngle ではその回転角が、それぞれ定義されます。

メモ: 拡大縮小を行うと、倍率に応じて直線の長さが変わるだけでなく、直線の StrokeThickness もそれぞれの軸の倍率に応じて変わります。

親の TControl は、Paint メソッドを使って TLine を描画します。

TLine を描画する際に、Paint メソッドでは、TLine オブジェクトに定義された StrokeStrokeThicknessStrokeCapStrokeDashStrokeJoin の各プロパティを持つ描画ペンを使用します。

関連項目