FMX.Graphics.TCanvas.DrawRect

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

procedure DrawRect(const ARect: TRectF; const XRadius, YRadius: Single; const ACorners: TCorners;  const AOpacity: Single; const ACornerType: TCornerType = TCornerType.Round); overload;
procedure DrawRect(const ARect: TRectF; const XRadius, YRadius: Single; const ACorners: TCorners;  const AOpacity: Single; const ABrush: TStrokeBrush; const ACornerType: TCornerType = TCornerType.Round); overload;

C++

void __fastcall DrawRect(const System::Types::TRectF &ARect, const float XRadius, const float YRadius, const Fmx::Types::TCorners ACorners, const float AOpacity, const Fmx::Types::TCornerType ACornerType = (Fmx::Types::TCornerType)(0x0))/* overload */;
void __fastcall DrawRect(const System::Types::TRectF &ARect, const float XRadius, const float YRadius, const Fmx::Types::TCorners ACorners, const float AOpacity, TStrokeBrush* const ABrush, const Fmx::Types::TCornerType ACornerType = (Fmx::Types::TCornerType)(0x0))/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
FMX.Graphics.pas
FMX.Graphics.hpp
FMX.Graphics TCanvas


説明

カスタマイズされた形状の角を持つ四角形を、現在の TCanvas に描画します。


DrawRect は、TCanvas の子孫で実装され、カスタマイズされた角を持つ四角形 ARect を描画します。その際、現在の Stroke、または、指定された ABrush ペンを使用します。


ARect は、描画された四角形を示します。


XRadius は、水平方向での、四角形の角からカスタマイズの開始点への距離を示します。 XRadius の最大値は、四角形の幅の半分です。


YRadius は、垂直方向での、四角形の角からカスタマイズの開始点への距離を示します。 YRadius の最大値は、四角形の高さの半分です。


ACorners は、カスタマイズを適用するを示します。 ACorners は、TCorner 型で定義されている次の定数のセットが格納されています: TopLeftTopRightBottomLeftBottomRight。 すべての角にカスタマイズを適用するには、AllCorners 定数を使用します。


AOpacity は、Stroke 色または ABrush色の透明度を示します。


ABrush は、四角形上に形を描画する際に使用する、TStrokeBrush ペンを示します。


ACornerType は、角の形状のカスタマイズを表す TCornerType 型を示します。 これは任意のパラメータで、デフォルト値は Round です。


DrawRectCanvas.png

描画ペンをカスタマイズするには、StrokeStrokeThicknessStrokeCapStrokeDash、 および StrokeJoin の各プロパティを使用します。

関連項目

コード サンプル