FMX.Forms

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

FireMonkey 2D フォームおよび 3D フォームと、グローバルな TApplication オブジェクトが定義されています。 テンプレート:UnitInfo

クラス

IDesignerForm

デザイナの構成要素となるフォームで実装されるインターフェイスです。

IDesignerHook

IDesignerHook は、IDE のフォーム デザイナをコンポーネント開発者が操作できるようにするインターフェイスです。

IDesignerStorage

モバイル フォーム デザイナで使われるフォーム設定の一部を格納したり取得するために、フォーム デザイナが使用するインターフェイスを定義したものです。

IFMXFullScreenWindowService 全画面モード管理に関係するさまざまなメソッドを定義するプラットフォーム サービス
IFMXWindowBorderService カスタムのウィンドウ境界線を作成するためのメソッドを定義するプラットフォーム サービス
IFMXWindowService FireMonkey ウィンドウ管理に関係するさまざまなメソッドを定義するプラットフォーム サービス
TApplication

TApplication は、FireMonkey GUI ベースのウィンドウ アプリケーションに使われる型です。

TApplicationFormFactor
TApplicationStateHelper内部使用用。TApplicationStateHelper は、スコープ付き列挙値、FMX.Forms.TApplicationState 型に対してフィールドを提供する、レコード ヘルパです。
TCommonCustomForm

TCommonCustomForm は、2D も 3D も含むすべてのフォームの基底クラスを表します。

TCustomForm

TCustomForm は、ダイアログやフォームなどその他のウィンドウを派生させる元となる基底クラスを表します。

TCustomPopupForm
TDeviceKindHelper内部使用用。TDeviceKindHelper は、スコープ付き列挙値、FMX.Forms.TDeviceKind 型に対してフィールドを提供する、レコード ヘルパです。
TFmxFormBorderStyleHelper内部使用用。TFmxFormBorderStyleHelper は、スコープ付き列挙値、FMX.Forms.TFmxFormBorderStyle 型に対してフィールドを提供する、レコード ヘルパです。
TFmxFormStateHelper内部使用用。TFmxFormStateHelper は、スコープ付き列挙値、FMX.Forms.TFmxFormState 型に対してフィールドを提供する、レコード ヘルパです。
TFormTForm は、標準 FireMonkey アプリケーション ウィンドウ(フォーム)を表します。
TFormActionLink

アクション オブジェクトをクライアント(汎用フォーム)にリンクします。

TFormBorder

カスタム スタイルを指定したフォームの境界を作成するときに使われる機能を実装したものです。

TFormFactor

複数のデバイス(PC、iPad、など)の間でフォームを共有するため、さまざまな表示オプションを指定するのに使用されます。

TFormOrientationHelper内部使用用。TFormOrientationHelper は、スコープ付き列挙値、FMX.Forms.TFormOrientation 型に対してフィールドを提供する、レコード ヘルパです。
TFormPositionHelper内部使用用。TFormPositionHelper は、スコープ付き列挙値、FMX.Forms.TFormPosition 型に対してフィールドを提供する、レコード ヘルパです。
TFormReleasedMessageフォーム解放されるか破棄されると送信されるメッセージです。
TFormSaveStateフォームの状態を保存するのに使用されるクラスです。
TFormsCreatedMessageアプリケーションのフォームがすべて作成されると送信されるメッセージです。
TFrame

TFrame は、コンポーネント用のコンテナであり、フォームや他のフレームの中にネストさせることができます。

TMainCaptionChangedMessage
TMainFormChangedMessage
TOrientationChangedMessageアプリケーションが動作しているデバイスの画面の向きが変わったことを示すメッセージです。
TSaveStateMessageアプリケーションがバックグラウンドに移動しようとしていて、自分の状態を保存する必要があるときにディスパッチされます。
TScaleChangedMessage画面の解像度が変わったことを示すメッセージです。
TScreenTScreen は、アプリケーションが動作している画面の状態を表します。
TSizeChangedMessage
TVKStateChangeMessageアプリケーションが動作しているシステムの仮想キーボードの状態が変化したときに送信されるメッセージです。
TWindowBorder

カスタム スタイルを指定したウィンドウの境界を作成するときに使われる機能を実装したものです。

TWindowStyleHelper内部使用用。TWindowStyleHelper は、スコープ付き列挙値、FMX.Forms.TWindowStyle 型に対してフィールドを提供する、レコード ヘルパです。

ルーチン

ApplicationState

指定された任意の時点でのアプリケーションの状態を返します。

_di_IDesignerForm

Object Pascal インターフェイス IDesignerForm を Appmethod C++ で使用できるようにしたものを表します。

_di_IDesignerHook

Object Pascal インターフェイス IDesignerHook を Appmethod C++ で使用できるようにしたものを表します。

_di_IDesignerStorage

Object Pascal インターフェイス IDesignerStorage を Appmethod C++ で使用できるようにしたものを表します。

_di_IFMXFullScreenWindowService
_di_IFMXWindowBorderService

Object Pascal インターフェイス IFMXWindowBorderService を Appmethod C++ で使用できるようにしたものを表します。

_di_IFMXWindowService

Object Pascal インターフェイス IFMXWindowService を Appmethod C++ で使用できるようにしたものを表します。

TApplicationState

アプリケーションの状態を列挙したものを表します。

TApplicationStateEvent
TCloseEvent

TCloseEvent は、FireMonkey フォームの OnClose イベント ハンドラの型です。

TCloseQueryEvent

TCloseQueryEvent は、ウィンドウが閉じられようとしているときに呼び出されるイベント ハンドラに使用されます。

TDeviceKind

ターゲット デバイスの種類を列挙したものを表します。

TDeviceKinds

TDeviceKind 列挙項目の集合を表します。

TExceptionEvent

TExceptionEvent は、アプリケーションが未処理の例外をトラップしたときに応答するイベント ハンドラの型です。

TFmxFormBorderStyle

TFmxFormBorderStyle は、すべての FireMonkey フォームの BorderStyle プロパティの型です。

TFmxFormState

TFmxFormState は、FireMonkey フォームが取り得る状態を記述します。

TFmxFormStates

TFmxFormStates は一連の TFmxFormState 要素で構成されます。

TFormOrientationFireMonkey フォームの方向の列挙値を表します。これは、この機能をサポートするデバイスに対してのみ利用可能です(具体的には、iPad または iPhone)。
TFormOrientationsTScreenOrientation 列挙型項目のセットを表します。
TFormPosition

TFormPosition は、FireMonkey フォームの配置を記述します。

TIdleEvent

TIdleEvent は、アプリケーションがアイドル状態のときにアクションを実行するイベント ハンドラの型です。

TWindowStyle

FireMonkey ウィンドウ スタイルを列挙したものを表します。

TWindowStyles

TWindowStyle 列挙項目の集合を表します。

変数

ActionUpdateDelayNever

ActionUpdateDelayNever は、アクションを更新しないことを要求する TApplication.DoIdle などのメソッドで使用できます。

Application

アプリケーション レベルの情報を表します。

Screen画面デバイスを表します。

定数

DefaultFormStyleLookupDefaultFormStyleLookup: string = backgroundstyle;