FMX.Effects.TEffect.Trigger

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

property Trigger: TTrigger read FTrigger write FTrigger;

C++

__property Fmx::Types::TTrigger Trigger = {read=FTrigger, write=FTrigger};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
FMX.Effects.pas
FMX.Effects.hpp
FMX.Effects TEffect

説明

トリガ条件を保有するプロパティ。

それぞれのトリガ条件は、プロパティ名、等号記号、トリガ値で構成されます。 すべての組み込みトリガはブール値です。したがって、それらの値は True または False でなければなりません。 例:

IsMouseOver=true;IsPressed=false

トリガの値を設定は、 オブジェクト インスペクタで最も簡単に行えます。

トリガ 説明
IsDragOver

コントロールがドラッグされている(マウス ボタンがクリックされ、かつ押されたままになっている)際に、効果を発生させます。

IsFocused

コントロール上にフォーカスがある際に、効果を発生させます。

IsMouseOver

マウスがコントロールの上を通過した際に、効果を発生させます(HitTest が True に設定されている必要があります)。

IsVisible

コントロールが画面上に表示されている際に、効果を発生させます。


その他の組み込みトリガには、以下のものがあります。

  • IsActive(TCustomForm)
  • IsChecked (TMenuItem)
  • IsOpen (TEffect)
  • IsPressed (TCustomButton)
  • IsSelected(MenuItem、TTabItem、TListBoxItem、TTreeViewItem)


効果トリガに関するさらなる情報については、「 FireMonkey の画像効果」の「効果のトリガ」を参照してください。

関連項目