FMX.Controls.TControl.DragOver

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

procedure DragOver(const Data: TDragObject; const Point: TPointF; var Operation: TDragOperation); virtual;

C++

virtual void __fastcall DragOver(const Fmx::Types::TDragObject &Data, const System::Types::TPointF &Point, Fmx::Types::TDragOperation &Operation);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
protected
FMX.Controls.pas
FMX.Controls.hpp
FMX.Controls TControl


説明

OnDragOver イベントのディスパッチャです。

Data は、ドラッグされたオブジェクトを示します。

Point は、コントロールのクライアント領域内でのマウス カーソルの現在位置を示します。

Operation は、オブジェクトの上に項目がドラッグされたときに実行されるアクションを指定する操作パラメータ(None、Move、Copy、Link のいずれか)です。

  • None - デフォルトです。アクションは発生せず、名前は表示されません。
  • Move - オブジェクトの上に項目がドラッグされたら、"移動" という単語が表示されます。
  • Copy - オブジェクトの上に項目がドラッグされたら、"コピー" という単語が表示されます。
  • Link - オブジェクトの上に項目がドラッグされたら、"リンク" という単語が表示されます。

コントロールは、ドラッグされたオブジェクトがそのコントロールの領域に入ると、DragOver を呼び出します。

protected の DragOver メソッドをオーバーライドすると、ドラッグされたオブジェクトがコントロールの領域に入ったときに異なる応答をさせることができます。

関連項目