FMX.Controls.Presentation.TPresentedControl.PointInObjectLocal

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

function PointInObjectLocal(X: Single; Y: Single): Boolean; override;

C++

virtual bool __fastcall PointInObjectLocal(float X, float Y);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
FMX.Controls.Presentation.pas
FMX.Controls.Presentation.hpp
FMX.Controls.Presentation TPresentedControl

説明

ローカル座標で指定される点が、コントロール領域に含まれているかどうかをチェックします。

FMX.Controls.Presentation.TPresentedControl.PointInObjectLocal は FMX.Controls.TControl.PointInObjectLocal を継承しています。以下の内容はすべて FMX.Controls.TControl.PointInObjectLocal を参照しています。


ローカル座標で指定される点が、コントロール領域に含まれているかどうかをチェックします。


PointInObjectLocal は指定した点がコントロール領域に含まれている場合は、True を返し、含まれていない場合は、False を返します。

XY はチェック対象の点を示すローカル座標です(PointInObject も参照)。

  • X は X 座標です。
  • Y は Y 座標です。

ローカル座標では、四角のコントロールの左上隅が原点(0,0)で、右下隅が(Width,Height)です。

BoundsRect で指定されるコントロール境界の各点が、コントロールに含まれると、PointInObjectLocal はそれに対し、True を返します。

コントロールが Touch プロパティをサポートしている場合、TouchTargetExpansion プロパティで指定された値に従って、コントロール領域を任意に広げることができます。TouchTargetExpansion に保持されるのは、4 つのオプション パラメータ(BottomLeftRightTop)で、コントロールの 4 辺の拡張量をピクセル単位で表わします。

クラスは「コントロール領域」定義を変更できます。以下に例を示します。

  • FMX.Objects.TSelection クラスは、BoundsRect を基準に「コントロール領域」定義を拡張します。FMX.Objects.TSelection.PointInObjectLocal も、選択図形を操作するために使用する 4 つのグリップ コントロール(小四角形)のいずれかに点が属する場合、True を返します。グリップ コントロールの各四角形は TSelection の 4 隅を囲む四角形です。これらの四角形の WidthHeight2 * GripSize です。たとえば、TSelection のグリップ コントロールの四角形の右上隅 UR_Corner は次のとおり定義されます。
    • (UR_Corner.Top - GripSize,UR_Corner.Right - GripSize)-- グリップの左上隅です。
    • (UR_Corner.Top + GripSize,UR_Corner.Right + GripSize)-- グリップの右下隅です。

関連項目