FMX.Controls.Presentation.TPresentedControl.KeyUp

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

procedure KeyUp(var AKey: Word; var AKeyChar: Char; AShift: TShiftState); override;

C++

virtual void __fastcall KeyUp(System::Word &AKey, System::WideChar &AKeyChar, System::Classes::TShiftState AShift);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
protected
FMX.Controls.Presentation.pas
FMX.Controls.Presentation.hpp
FMX.Controls.Presentation TPresentedControl

説明

OnKeyUp イベントのディスパッチャです。

FMX.Controls.Presentation.TPresentedControl.KeyUp は FMX.Controls.TControl.KeyUp を継承しています。以下の内容はすべて FMX.Controls.TControl.KeyUp を参照しています。

OnKeyUp イベントのディスパッチャです。

KeyUpコントロールにキーボード フォーカスがある状態でキーが離された際の応答を提供します。 KeyUpOnKeyUp イベント ハンドラを呼び出します(それが割り当てられている場合)。

コントロールは、キー押下メッセージに応答して KeyUp を呼び出し、その際、メッセージ パラメータを、キー コード、文字コード、シフトの状態にデコードします。 コントロールはそれらを、それぞれ、KeyKeyCharShift の各パラメータに渡します:

  • Key は、離されたキーボード キーのスキャン コードです。
  • KeyChar は、離されたキーの文字コードです。
  • Shift は、コントロールにフォーカスがある状態で、事前に押されていたキーが離された際に、どのシフト キー(SHIFT、CTRL、ALT、CMD(Mac の場合のみ))が下がっていたのかを示します。

protected KeyUp メソッドをオーバーライドすると、コントロールにキーボード入力フォーカスがある状態でキーが離された際に、別の応答の仕方も提供することができます。

関連項目