FMX.Controls.Presentation.TPresentedControl

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

FMX.Controls.TStyledControlFMX.Controls.TControlFMX.Types.TFmxObjectSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTPresentedControl

Object Pascal

TPresentedControl = class(TStyledControl)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TPresentedControl : public Fmx::Controls::TStyledControl

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
FMX.Controls.Presentation.pas
FMX.Controls.Presentation.hpp
FMX.Controls.Presentation FMX.Controls.Presentation


説明

データと表示を分離するコントロールの基底クラスです。

プレゼンテーション コントロールの以下のプロパティによって、この分離が実現されます。

  • Model プロパティ。コントロールのデータを含むデータ モデルです。
  • PresentationProxy プロパティ。このプレゼンテーション プロキシによって、プレゼンテーション コントロールはプレゼンテーション層と情報をやり取りすることができます。実際にコントロールをビジュアルに表示する責務を持つのはプレゼンテーション層です。

プレゼンテーション コントロールは、この両方のプロパティのインスタンスを実行時に自動的に作成します。プレゼンテーション コントロールのインスタンスを作成するとすぐに空のモデルが作成され、プレゼンテーション コントロールが読み込みを行うとプレゼンテーション プロキシが作成されます。

DefineModelClass を再実装して、表示されたコントロールがそのデータ モデルのために使用するクラスを決定します。DefinePresentationName を再実装して、表示されたコントロールが使用する、デフォルトのプレゼンテーション プロキシの名前を決定します。 表示されるコントロールの特定のインスタンスのプレゼンテーション プロキシに対するカスタム名を定義するには、OnPresentationNameChoosing イベントを代わりに処理します。

ControlType プロパティは、プレゼンテーション層がコントロールを表示するときに、アプリケーションが動作しているプラットフォームのネイティブ コントロールを使用するか(Platform)、またはデフォルトの FireMonkey スタイル システムを使用するか(Styled)を示します。FireMonkey がネイティブ表示をサポートしていないプラットフォームでは、ControlType プロパティの値にかかわらず、デフォルトのスタイル付き表示が使われます。

関連項目