FMX.ActnList.TCustomViewAction

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

FMX.ActnList.TCustomActionSystem.Actions.TContainedActionSystem.Classes.TBasicActionSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTCustomViewAction

Object Pascal

TCustomViewAction = class(TCustomAction)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TCustomViewAction : public TCustomAction

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
FMX.ActnList.pas
FMX.ActnList.hpp
FMX.ActnList FMX.ActnList

説明

TCustomAction は、メニュー項目やコントロールで使用するための FireMonkey アクションの基底クラスです。

FMX.ActnList.TCustomViewAction は FMX.ActnList.TCustomAction を継承しています。以下の内容はすべて FMX.ActnList.TCustomAction を参照しています。

TCustomAction は、メニュー項目やコントロールで使用するための FireMonkey アクションの基底クラスです。

TCustomAction では、アクション オブジェクトのクライアントになるメニュー項目やコントロールのプロパティイベントメソッドをサポートしています。

TCustomAction に導入されているプロパティやイベントの大半は public であるため、関連付けられるコントロールの特定のプロパティ(一部)を公開する独自のアクションを派生させる際の基底クラスとして TCustomAction を使用します。

アクション オブジェクトは、ユーザー コマンド(アクション)に対する応答を一元化するほか、アクションを使用するアプリケーションにおけるユーザー インターフェイス要素を表します。 これらを使用すると、たとえば、スピード ボタンとメニュー項目の有効状態およびキャプションを同期させたり、ユーザーがこれらのコンポーネントをクリックしたときの応答を処理するのが容易になります。 このようなコンポーネントはそれぞれ、クライアントと呼ばれ、そのプロパティがアクションで動的に更新されるほか、ユーザー アクションを応答のアクションに転送します。

設計時にには、アクション リストに含まれているアクションを、アクション リスト エディタで操作することができます。アクション リストはアクションのコンテナであり、アクションをいくつかのカテゴリに整理します。

TCustomAction でサポートされている、コンポーネントおよびコントロールの public プロパティおよびイベント(直接定義されたものと上位クラスから継承されたもの)は以下のとおりです:

OnHintOnUpdateOnExecute の各イベントは public であるため、オブジェクト インスペクタには表示されません。 つまり、オブジェクト インスペクタでは、これらのイベントのカスタム イベント ハンドラの生成をサポートしていません。

サポートされているプロパティおよびイベントを public スコープのままにしておく場合や、public スコープを published スコープに変更する場合は、TCustomAction からクラスを派生させることができます。

FMX.StdActns ユニット

TCustomAction はまた、定義済みアクションの基底クラスとしても動作します。 TCustomAction の振る舞いを拡張する定義済みアクションについては、FMX.StdActns ユニット内のアクション クラスを参照してください。

TSysCommonAction の下位クラス

TSysCommonAction は、システム機能を提供する標準アクションの基底クラスです。

TSysCommonAction は、TCustomAction クラスを拡張しており、システム アクションで使用される次のプロパティやイベントを published 可視性で再宣言しています:CustomTextEnabledHelpContextHelpKeywordHelpTypeHintSecondaryShortCutsShortCutVisibleUnsupportedArchitecturesOnCanActionExecOnUpdate

プロパティおよびイベントが published スコープになることで、オブジェクト インスペクタの利用が可能になり、設計時に、これらプロパティの値の編集や、イベント ハンドラの定義ができるようになります。

TSysCommonAction から継承した標準アクションは、TFileExitTWindowCloseTFileHideAppTFileHideAppOthers で、

  • TFileExit は、アプリケーションをシャットダウンするための、標準アクションです。 TFileExit をアクション リストに追加すると、ユーザーがメニュー、コントロール、ツールバー ボタン、ショートカットのいずれかでアプリケーションを終了できます。 このアクションにリンクされているクライアント(コントロール、メニュー コマンド、ツールバー ボタン)により、アプリケーションが終了します。TFileExit が直接行うわけではなく、メイン フォームを閉じる Terminate といったメソッドを呼び出します。TFileExit は、デフォルトのショートカットは、CMD+Q です。
  • TWindowClose は、アクティブ モードレス フォームを閉じる標準アクションです。TWindowClose が直接行うわけではなく、アクティブ モードレス フォームを閉じる Close といったメソッドを呼び出します。 TWindowClose は、デフォルトのShortCutは、CMD+W です。
  • TFileHideApp は実行中の Mac OS X アプリケーションを隠す、および隠れている場合は表示する標準アクションです。 TFileHideApp は、受信側アプリケーションの全ウィンドウを隠し、次のアプリケーションがアクティブになります。 受信側アプリケーションのウィンドウが隠れている場合は、TFileHideApp により隠れたウィンドウが画面に表示され、受信側アプリケーションがアクティブになります。 TFileHideApp は、デフォルトのShortCutは、CMD+H です。
現在のバージョンでは、TFileHideApp は、Mac OS X に対してのみ実装されています。
  • TFileHideAppOthers は、すべての Mac OS X アプリケーションを非表示にする標準アクションです(ただし、受信側以外)。TFileHideApp は、デフォルトのShortCutは、ALT+CMD+H です。
現在のバージョンでは、TFileHideAppOthers は、Mac OS X に対してのみ実装されています。

TObjectViewAction の下位クラス

TCustomViewAction の下位クラスは、アクションが実行された際に表示されるコンポーネントと関連づけられます。

コード サンプル

関連項目