FMX.ActnList

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索


FireMonkey 用の FMX.ActnList ユニットの目的は、VCL 用の Vcl.ActnList ユニットと同じです。FMX.ActnList ユニットには、FireMonkey でアクションを扱うための基底クラスが含まれています。FMX.ActnList ユニットと Vcl.ActnList ユニットでは、類似のクラスはすべて名前が同じです。

テンプレート:UnitInfo

クラス

IActionClientクラス内のアクションにアクセスするために、フレームワークが使用するインターフェイス。
ICaptionオブジェクトが ICaption インターフェイスをサポートしている場合、オブジェクトのテキストが変更されると、Text も変更されなければなりません。
IGlyph画像リストの管理に使用される基本的なメソッドとプロパティを宣言しています。
IGroupName

IGroupName インターフェイスを使用すると、グループ内で 1 つだけチェック マークを付けられるようにする必要があるコントロールの GroupName プロパティにアクセスできます。

IIsChecked

IIsChecked インターフェイスを使用すると、チェック マークを付けることができるコントロールの IsChecked プロパティにアクセスできます。

IKeyShortcutクラスの Shortcut プロパティにアクセスするために使用されるインターフェイス。
TAction TAction は、FireMonkey アクション オブジェクトの基底クラスです。 TAction には、メニュー項目やコントロールで使用されるアクションが実装されています。 TAction アクションの published プロパティおよびイベントは、設計時にオブジェクト インスペクタで管理できます。
TActionLinkTActionLink は、アクション リンクの基底クラスで、アクションを、FireMonkey オブジェクトやコンポーネント、コントロールなどの一般的に使用されるプロパティ群に接続します。
TActionLinkClassTActionLinkClass は、TActionLink のメタクラスを定義します。
TActionListコントロール、メニュー項目、ツール ボタンなどのコンポーネントで使用できるアクションのリストを維持管理します。
TCustomActionTCustomAction は、メニュー項目やコントロールで使用するための FireMonkey アクションの基底クラスです。
TCustomActionList
TCustomViewAction
TShortCutList

TShortCutList は、System.Actions.TCustomShortCutList クラスのフレームワーク固有の機能を FMX 用に実装したものです。

ルーチン

TextToShortCutショートカットの指定された文字列表現に一致するコード表現を返します。

_di_IActionClient
_di_ICaption
_di_IGlyph
_di_IGroupName

IGroupNameDelphiInterface を表します。

_di_IIsChecked

IIsCheckedDelphiInterface を表します。

_di_IKeyShortcut
TOnBeforeShow

表示アクションの実行前に特定のアクションを実行するのに使用されるイベントの型です。

TOnCreateComponent

ターゲット コンポーネントの作成時に特定のアクションを実行するのに使用されるイベントの型です。