Data.DB.TDataSet

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

System.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTDataSet

Object Pascal

TDataSet = class(TComponent, {$IFNDEF NEXTGEN}IProviderSupport,{$ENDIF !NEXTGEN} IProviderSupportNG)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TDataSet : public System::Classes::TComponent

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
Data.DB.pas
Data.DB.hpp
Data.DB Data.DB


説明

TDataSet は、データを行と列で表すすべてのデータセット コンポーネントの基底クラスです。

TDataSet では、データを扱うための基本的なプロパティ、イベント、およびメソッドが導入されています。

これらのプロパティ、イベント、メソッドの多くは、TDataSet では abstract(Object Pascal の場合)または pure virtual(C++ の場合)です。abstract または pure virtual の宣言は、実装のない宣言です。TDataSet のレベルでは、使用したりアクセスすることができません。開発時には、これらの abstract または pure virtual のメソッドを再宣言して実装する TDataSet の下位クラスを使用するか作成する必要があります。TDataSet のその他のメソッドの多くは、TDataSet では virtual メソッドとして宣言および実装されていますが、その実装は、下位クラスで再実装するための単なるスタブです。

TDataSet には、次のような下位クラスがあります。Data.Win.ADODB.TCustomADODataSetIBX.IBCustomDataSet.TIBCustomDataSetData.SqlExpr.TCustomSQLDataSetDatasnap.DBClient.TCustomClientDataSet

TCustomADODataSet は、ActiveX Data Objects(ADO)を使用してデータにアクセスするデータセットの基底クラスです。TCustomADODataSet の下位クラスには、Data.Win.ADODB.TADODataSetData.Win.ADODB.TADOTableData.Win.ADODB.TADOQueryData.Win.ADODB.TADOStoredProc などがあります。ADO を使用するカスタム データセット コンポーネントを作成する場合には、TCustomADODataSet から派生させます。

TIBCustomDataSet は、InterBase テーブルのデータに直接アクセスするデータセットの基底クラスです。TIBCustomDataSet の下位クラスには、IBX.IBCustomDataSet.TIBDataSetIBX.IBTable.TIBTableIBX.IBQuery.TIBQueryIBX.IBStoredProc.TIBStoredProc などがあります。InterBase データベースのデータに直接アクセスするカスタム データセット コンポーネントを作成する場合には、TIBCustomDataSet から派生させます。

TCustomSQLDataSet は、単方向データセットの基底クラスです。単方向データセットは、読み取り専用のデータセットであり、前方向へのナビゲーションしかできません。TCustomSQLDataSet の下位クラスには、dbExpress データセットである Data.SqlExpr.TSQLDataSetData.SqlExpr.TSQLQueryData.SqlExpr.TSQLTableData.SqlExpr.TSQLStoredProc などがあります。dbExpress を使用してデータにアクセスするカスタム データセット コンポーネントを作成する場合には、TCustomSQLDataSet から派生させます。

TCustomClientDataSet は、インメモリ データセットの基底クラスです。クライアント データセットは、ディスク上のファイルのデータや、プロバイダを介して他のコンポーネントから提供されるデータを扱うことができます。そのデータをメモリ内にキャッシュし、変更の記録を変更ログに保持し、キャッシュした更新を後でデータ ソースに適用します。データをインメモリ キャッシュに格納するカスタム データセットを作成する場合には、TCustomClientDataSet から派生させます。

また、TDataSet から直接派生するカスタム データセット コンポーネントを作成し、独自のメカニズムを用意してデータのアクセスや操作を行うこともできます。

関連項目