Data.Cloud.AzureAPI.TAzureBlobService.BreakBlobLease

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

function BreakBlobLease(ContainerName, BlobName: string; out LeaseTimeRemaining: Integer;  ResponseInfo: TCloudResponseInfo = nil): Boolean;

C++

bool __fastcall BreakBlobLease(System::UnicodeString ContainerName, System::UnicodeString BlobName, /* out */ int &LeaseTimeRemaining, Data::Cloud::Cloudapi::TCloudResponseInfo* ResponseInfo = (Data::Cloud::Cloudapi::TCloudResponseInfo*)(0x0));

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
Data.Cloud.AzureAPI.pas
Data.Cloud.AzureAPI.hpp
Data.Cloud.AzureAPI TAzureBlobService

説明

取得したリースを、LeaseId を指定せずに破壊します。

BreakBlobLease は、取得してあるリースを解放します。このメソッドの呼び出しは、ReleaseBlobLease と似ていますが、LeaseId が指定されないため、このリースは、新しいリースを取得する前に期限切れとすることができます。この間、リースを新しくすることはできません。

次の表では、パラメータを説明しています。

パラメータ 説明

ContainerName

blob があるコンテナの名前。

BlobName

リースを解放する blob の名前。

LeaseTimeRemaining

リースが期限切れになるまでの残存秒数。

ResponseInfo

レスポンス情報を保管するための、任意のクラス。

このメソッドは、オペレーションが成功した場合には True を、そうでない場合には False を返します。

関連項目