表示: Object Pascal C++
表示設定

Data.Cloud.AzureAPI.TAzureBlobService.AcquireBlobLease

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内, 検索

Object Pascal

function AcquireBlobLease(ContainerName, BlobName: string; out LeaseId: string;  ResponseInfo: TCloudResponseInfo = nil; LeaseDuration: Integer = -1): Boolean;

C++

bool __fastcall AcquireBlobLease(System::UnicodeString ContainerName, System::UnicodeString BlobName, /* out */ System::UnicodeString &LeaseId, Data::Cloud::Cloudapi::TCloudResponseInfo* ResponseInfo = (Data::Cloud::Cloudapi::TCloudResponseInfo*)(0x0), int LeaseDuration = 0xffffffff);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
Data.Cloud.AzureAPI.pas
Data.Cloud.AzureAPI.hpp
Data.Cloud.AzureAPI TAzureBlobService


説明

指定された BLOB に対するリースを取得しようと試みます。

スナップショットのリースは取得できません。

AcquireBlobLease は次のパラメータを受け取ります。

  • <ContainerName>: BLOB が格納されているコンテナの名前。
  • <BlobName>: 取得するリースの対象となる BLOB の名前。
  • <LeaseId>: 取得したリースの ID(取得に失敗した場合は空の文字列)。
  • <ResponseInfo>: 任意指定です。応答情報の格納先となるクラス。デフォルトは nil
  • <LeaseDuration>: 任意指定です。リースの期間(秒単位)。リースにより、書き込み操作と削除操作のロックが BLOB に対して設定され管理されます。デフォルトは -1 で、これは無限リースのフラグになります。有効な値は 15 ~ 60 です。

このメソッドは、リースが取得された場合は True を返し、そうでない場合は False を返します。

<LeaseDuration> パラメータの詳細については、「Microsoft Azure - Lease Blob」を参照してください。

関連項目

個人用ツール
他の言語