struct

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

キーワード(アルファベット順):インデックス への移動


カテゴリ

型指定子

構文

struct [<struct type name>] {
[<type> <variable-name[, variable-name, ...]>] ;
    .
    .
    .
} [<structure variables>] ;

説明

struct を使用して、変数を 1 つのレコードにまとめます。

<構造体の型名>: 構造体の型を示すオプションのタグ名

<構造体変数>: 任意設定のデータ定義

<構造体の型名> と <構造体変数> は共に任意指定ですが、いずれか一方は必ず指定します。

レコード中の要素を定義するには、型名を指定し、その後に変数名を 1 つまたは複数(コンマで区切る)指定します。

異なる変数型はセミコロンで区切ります。

構造体の要素にアクセスするには、演算子 . または演算子 -> を使用します。

同じ型の変数を追加して宣言するには、struct キーワードの後に <構造体の型名> を指定してから、変数名を指定します。C++ では struct キーワードは省略可能です。

メモ: 他の構造体に組み込まれた無名の struct を使用することもできます。

関連項目

コード例