reinterpret_cast(型変換演算子)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

キーワード(アルファベット順):インデックス への移動


カテゴリ

C++ 特有のキーワード

構文



 reinterpret_cast< T > (引数)



解説

式 reinterpret_cast< T >(arg)で は,T はポインタ,参照,算術型,関数へのポインタ,またはメンバーへのポインタでなければなりません。

ポインタは整数型に明示的に変換できます。

整数 arg はポインタに変換できます。ポインタを整数型に変換した後,同じポインタ型に変換しなおすと結果は元の値になります。

未定義のクラスをポインタ変換あるいは参照変換で使えます。

関数へのポインタは,オブジェクトのポインタ型が関数ポインタを保持するのに必要なビットを持つ場合,明示的にオブジェクト型へのポインタに変換できます。オブジェクト型へのポインタは,関数のポインタ型がオブジェクトポインタを保持できる大きさである場合にのみ,明示的に関数へのポインタに変換できます。

関連項目