REST の概要

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

EMS、Cloud、REST の各アプリケーションの開発 への移動


REST とは、Representational State Transfer の略語です。HTTP プロトコルを使用してマシン間で呼び出しを行うネットワーク アプリケーションを設計するため、クライアント/サーバー アーキテクチャに基づいています。

REST の制約に準拠していることを RESTful であると言います。RESTful な Web サービスは、HTTP(ハイパーテキスト転送プロトコル)と REST の原則を使って実装されます。

REST の概要

REST プロトコルでは、サーバーは 4 種類の要求に応答できると仮定しています。つまり、GETPOSTPUTDELETE の 4 種類です。これらの操作は、取得、更新、挿入、削除のデータ操作を表します。これらは、マッピング プロトコルを通じてサーバー メソッドに同化されます。REST では、URI(統一リソース識別子)パス、リソース、パラメータの間のマッピングを担当するディスパッチ メカニズムを通じて、各サーバー メソッドを上記操作の 1 つとして呼び出すことができると仮定しています。

サーバーとクライアントの間のインターフェースでは、各部が独立に発展できるため、アーキテクチャがシンプルになります。

リソースベース

リソースは REST の中核を成します。リソースとは、URI を使ってアクセスできる情報源です。サーバーは、情報を表現したもの(HTML、XML、JSON)をクライアントに返します。

リソースは、表現を通じて操作することができ、サーバー上のリソースの変更または削除も可能です。

URI マッピング

サーバーは URI に応答します。サーバー上の各リソースが専用のアドレスつまり URI を持っています。

一般的な HTTP 要求の形式は次のとおりです。

http://my.site.com/resource/items

HTTP メソッド

サーバー リソースとのやり取りに最もよく使用される HTTP メソッド:

コマンドの種類 説明 HTTP 応答コード

GET

HTTP GET メソッドは、リソースの表現の読み取りつまり取得に使用されます。
XML または JSON による表現を返します。

GET http://my.site.com/users/123

  • エラーなし:
    • OK: コード 200
  • エラー:
    • Bad Request(不正な要求): コード 400
    • Not Found(未検出): コード 404

PUT

HTTP PUT メソッドは、情報の更新に最もよく使用されます。

PUT http://my.site.com/users/123

  • エラーなし:
    • OK: コード 200
    • No Content(内容なし): コード 204
  • エラー:
    • Not Found(未検出): コード 404

POST

HTTP POST メソッドは、新規リソースの作成に最もよく使用されます。

POST http://my.site.com/devices
POST http://my.site.com/users/123/orders

  • エラーなし:
    • Created(作成): コード 201
  • エラー:
    • Not Found(未検出): コード 404

DELETE

HTTP DELETE メソッドは、URI で識別されるリソースの削除に使用されます。

DELETE http://my.site.com/users/123/orders

  • エラーなし:
    • OK: コード 200
    • No Content(内容なし): コード 204
  • エラー:
    • Not Found(未検出): コード 404

関連項目