iOS モバイル アプリケーション開発

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

マルチデバイス アプリケーション:インデックス への移動


FireMonkey フレームワークと Appmethod IDE には、iOS プラットフォームをターゲットとするアプリケーションを開発するのに必要なツールが用意されています。IDE で FireMonkey を使用すると、Object Pascal iOS アプリケーションを作成して iOS シミュレータ(Object Pascal)か iOS デバイス(C++ または Object Pascal)のどちらかに配置できます。

[ファイル|新規作成|マルチデバイス アプリケーション - Object Pascal]
[ファイル|新規作成|マルチデバイス アプリケーション - C++]

Appmethod で iOS アプリケーションを開発する手順は、Appmethod で Android アプリケーションを開発する手順とだいたい同じです。1 つの大きな違いは、iOS 向けの開発には PAServer接続プロファイルが必要なのに対して、Android 向けの開発にはそれらが使用されないことです。iOS の場合も Android の場合も、ターゲット プラットフォーム用の SDK を追加する必要があります。

iOS と Android の開発要件の比較
iOS の要件 Android の要件

iOS デベロッパ プログラムへの参加

Android 開発者向けサイトは誰でも利用できます

デベロッパ証明書の取得

キーストア ファイルの作成

プロビジョニング プロファイルの作成とインストール

該当しない

接続プロファイルの作成

該当しない

Mac での PAServer のインストール

該当しない

Mac での PAServer の実行

該当しない

USB 接続での iOS デバイスへの接続

Android デバイス用の USB ドライバのインストールと USB 接続での Android デバイスへの接続

iOS(デバイスまたはシミュレータ)SDK の追加

Android SDK の追加

該当しない

Android アプリケーションに必要な権限の検証と設定

ハードウェア要件

iOS 向けのマルチデバイス アプリケーションを開発するには、開発用 PC の他に以下のものが必要です。

  • OS X が稼働している Mac
  • iOS デバイス(USB ケーブルで Mac に接続)

開発用 PC と Mac のシステム要件の一覧については、「FireMonkey プラットフォームに必要な準備」を参照してください。

Mac と開発システムはどちらも、ローカル エリア ネットワークなどの共通のネットワーク上に存在する必要があります。

開発環境の準備

Mac と PC を連携させる

iOS 向けのアプリケーションを開発する際には、開発システムにアクセスするだけでなく、iOS での開発および配布用証明書のインストール、プラットフォーム アシスタントの実行、その他必要な作業(詳細については以下で説明)のために Mac を使用する必要があります。

PC と Mac を連携させるための構成方法はいくつかあります。最適な構成の決定と、その構成を開発環境に適用する方法については、「Mac と PC を連携させる」を参照してください。

Mac を構成する

Mac で以下の作業が必要です。

  1. Xcode をインストールします。
  2. Xcode から、Xcode コマンド ライン ツールをインストールします。これらのツールは、アプリケーションに署名して iOS デバイスで実行できるようにするのに必要です。
  3. プラットフォーム アシスタントをインストールします。プラットフォーム アシスタント(Appmethod に付属)を使用すると、IDE で iOS SDK ファイルを Mac から取り込み、Mac に接続された iOS デバイスでアプリケーションを実行できます。
  4. プラットフォーム アシスタントを実行します。Appmethod では、iOS デバイスおよび iOS シミュレータ ターゲット プラットフォーム向けのアプリケーションを実行、デバッグ、配置するには、お使いの Mac でプラットフォーム アシスタントを稼働させる必要があります。

開発システムを構成する

開発システムで、Appmethod を起動し以下を行います。

  • OS X プラットフォーム(iOS デバイスおよび iOS シミュレータの両方のターゲット プラットフォームをサポートする中間プラットフォーム)用の接続プロファイルを作成します。
  • iOS デバイス ターゲット プラットフォーム用に、IDE へ SDK を追加します。Appmethod では、Mac から取り込んだ iOS SDK のローカル ファイル キャッシュを開発システム内に作成するため、iOS 向けのアプリケーションをローカルに作成できます。

アプリケーションの開発

Appmethod でマルチデバイス アプリケーションを新規作成するには、[ファイル|新規作成|マルチデバイス アプリケーション - Object Pascal] または[ファイル|新規作成|マルチデバイス アプリケーション - C++]を選択し、選択肢の中から 1 つを選択し、[OK]をクリックします。選択肢の種類については、「作成できるマルチデバイス アプリケーション」を参照してください。デフォルト ターゲット プラットフォームは Android ですが、iOS デバイスおよび iOS シミュレータ ターゲット プラットフォームも両方とも、新たなマルチデバイス アプリケーションで利用可能です。

FireMonkey フレームワークRTL ライブラリのどちらを使用しても、マルチデバイス アプリケーションを開発できます。「iOS アプリケーションの作成」を参照してください。

iOS アプリケーション開発に取りかかる場合は、モバイル チュートリアル「モバイル アプリケーション開発(iOS および Android)」に従うのが最も良いでしょう。

アプリケーションのコード署名準備

メモ:iOS シミュレータで実行する場合には、アプリケーションに署名できなくてもかまいません。

iOS デバイスでアプリケーションを実行したり、他の人にアプリケーションを配布するには、次の手順を実施する必要があります。

  1. iOS デベロッパ プログラムに参加します。iOS デベロッパ プログラムのいずれかに参加すると、iOS デバイス向けのアプリケーションを実行および配置するのに必要な証明書とツールをすべて Apple 社から入手できます。
  2. iOS デベロッパ証明書を取得します。これは、アプリケーションに署名するのに必要です。
  3. アプリケーションをプロビジョニングします。これによってアプリケーションを iOS デバイス上で実行できるようになります。

アプリケーションの実行

以下のトピックでは、iOS シミュレータまたは iOS デバイス ターゲット プラットフォームでアプリケーションを実行するのに必要な手順を説明しています。

iOS アプリケーションの最終配置

毎回 iOS アプリケーションをリリースする前に、すべての設定が正しく構成されているかどうかを確認しなければなりません。「iOS アプリケーションの配置準備をする」を参照してください。

iOS アプリケーションの最終的な配置準備ができたら、2 つの異なるアプリケーション配布方法(アドホック配布とアプリケーション ストア配布)から選択できます。

アプリケーションを配置する手順は、選択した配布方法によって異なります。以下を参照してください。

これらの配布方法の詳細については、Apple 社のドキュメントを参照してください。

iOS 関連トピック

関連項目