extern テンプレート(C++0x)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

C++0x 対応機能:インデックス への移動


Appmethod C++ 2009 ではトランスレーション ユニットでインスタンス化されないテンプレートを定義できる extern テンプレートが使用できます。 extern テンプレートを使用すると、コンパイル時間が短縮し、コンパイル モジュールのサイズが小さくなります。 この機能は新しい C++0x 標準の一部です。

明示的なインスタンス化と宣言

extern テンプレートでは、トランスレーション ユニットでインスタンス化しないテンプレートを宣言できます。

次のテンプレートを作成し、インスタンス化するコードで説明します。

template <class T>
class MyClass 
{
   // ... 各種コード
}

template class MyClass<int>;
...
MyClass<int> myClass;

template class MyClass<int> の行は明示的なテンプレート定義で、コード ユニットでテンプレートが明示的にインスタンス化され、結果として対象ユニットでテンプレート用のコードが生成されます。 同様に、MyClass<int> myClass; 行はテンプレートを暗黙的にインスタンス化します。これもユニットにコードが生成されます。 これらのコード行のいずれかがユニットにある場合は、ユニットでテンプレートはインスタンス化されます。

ただし、ライブラリでこのテンプレートがすべてインスタンス化されることが必要で、実行可能ファイルでこれらのインスタンスを参照するとします。 コード ユニットでテンプレートがインスタンス化されない明示的なテンプレートを宣言する場合は、次のコードを使用します。

extern template class MyClass<int>;

テンプレートを参照できますが、コンパイラはこのトランスレーション ユニットにテンプレートに対するコードを生成しません。

extern テンプレートの使用方法

ここに extern テンプレートを使用するルールを示します。

  • テンプレートのインスタンス化は対象のトランスレーション ユニットまたは別のトランスレーション ユニットでの明示的なテンプレート宣言が必要です。 This is similar to the usual use of extern: the entity referenced must be defined somewhere.
  • 明示的なテンプレート定義はユニットで 1 回だけ必要です。
  • 明示的なテンプレート定義はトランスレーション ユニットに両方が存在する場合は明示的なテンプレート宣言に従う必要があります。
  • 明示的なテンプレート宣言は明示的なテンプレートのインスタンス、オブジェクト、関数の名前のみに適用できます。 静的関数を参照できませんが、静的メンバ関数に適用できます。
  • extern 指定子はクラス メンバやパラメータの宣言に使用できません。
  • 明示的なテンプレート宣言はテンプレートが同じ特殊化でインスタンス化されていない場合にだけ、コードを生成しません。 次に例を示します:
template class MyClass<int>;
...
extern template class MyClass<int>;    // 使用不可
extern template class MyClass<float>;  // OK

関連項目