ELSEIF(Object Pascal)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

Object Pascal コンパイラ指令のリスト:インデックス への移動


種類

条件コンパイル

構文

{$ELSEIF}



説明

$ELSEIF 指令を使用すると,複数の部分からなる条件ブロックを定義して,最大で 1 つの条件ブロックが適用されるようにできます。$ELSEIF は $ELSE と $IF を組み合わせたものです。

次に例を示します。


{$IFDEF  foobar}
	   do_foobar
	{$ELSEIF  RTLVersion >= 14}
	    blah
	{$ELSEIF  somestring = 'yes'}
	    beep
	{$ELSE}
	    last chance
	{$IFEND}

この 4 つのケースの中で,1 つだけが適用されます。最初の 3 つがどれも true でない場合は,$ELSE 節が適用されます。$ELSEIF は必ず $IFEND で終了します。$ELSEIF は $ELSE の後には記述できません。通常の "if ... else if ... else " シーケンスと同様に,条件は上から順に評価されます。この例では,foobar が定義されておらず,RTLVersion = 15,somestring = 'yes' である場合,"blah" ブロックと "beep" ブロックはともに条件が true ですが,"blah" ブロックだけが適用されます。