_DEPRECATED_ATTRIBUTE0 と _DEPRECATED_ATTRIBUTE1

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

sysmac.h:インデックス への移動

_DEPRECATED_ATTRIBUTE0 マクロと _DEPRECATED_ATTRIBUTE1 マクロは、C++ 属性 [[deprecated]] に代わる手段として使用することができます。これら 2 つのマクロの効果は C++ 属性 [[deprecated]] と同じです。ただし、[[deprecated]] 属性の方は、サポートされていない場合でも警告やエラーは出力されません(_DEPRECATED_ATTRIBUTE0_DEPRECATED_ATTRIBUTE1 は空として定義できます)。

_DEPRECATED_ATTRIBUTE0
上記は、コメントやパラメータのない [[deprecated]] 属性を表します。
_DEPRECATED_ATTRIBUTE1(x)
上記は、コメントやパラメータ(通常は非推奨扱いについてのコメント (x))が 1 つある [[deprecated]] 属性を表します。

警告: XE2 リリースで C++ 検査を使用する場合、[[deprecated]] 属性を指定すると、コードは検査に失敗します。C++ 検査機能の内部で使用されるパーサーでは、[[deprecated]] 属性をサポートしていないからです。代わりに、_DEPRECATED_ATTRIBUTE0 マクロや _DEPRECATED_ATTRIBUTE1 マクロを使用してください。検査対象外のコードについては、これらの C++0x 属性と定義済みマクロのどちらでも使用できます。

関連項目