case(C++)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

キーワード(アルファベット順):インデックス への移動


カテゴリ

構文

switch ( <switch variable> ){casebreakdefault
case <constant expression> : <statement>; [break;]
    .
    .
    .
default : <statement>;
}

説明

switch 文と組み合わせて case 文を使用して、どの文を評価するかを決定します。

<文> 内の分岐点のリストは、その前に置かれた副文によって決定されます。副文は次の形式になります。

case <constant expression> : <statement>;

<定数式> は int で、かつ一意でなければなりません。

<スイッチ変数> に一致する <定数式> が検索されます。

一致する値が見つかった場合は、それに対応する case 文の後から、break 文または switch 文の終わりまでが実行されます。

一致する値が見つからなかった場合は、default に制御が移ります。

メモ: switch 文の中に、同じ case 定数を使用することはできません。

以下の例は、キーワード breakcasedefaultreturn、および switch の使用方法を示します。

 
 #include <iostream>
 
 using namespace std;
 
 int main(int argc, char* argv[])
 {
   char ch;
 
   cout << "PRESS a, b, OR c. ANY OTHER CHOICE WILL TERMINATE THIS PROGRAM." << endl;
   for ( /* FOREVER */; cin >> ch; )
     switch (ch)
     {
       case 'a' :    /* THE CHOICE OF a HAS ITS OWN ACTION. */
         cout << endl << "Option a was selected." << endl;
         break;
       case 'b' :    /* BOTH b AND c GET THE SAME RESULTS. */
       case 'c' :
         cout << endl << "Option b or c was selected." << endl;
         break;
       default :
         cout << endl << "NOT A VALID CHOICE!  Bye ..." << endl;
         return(-1);
     }
 }

関連項目