C ランタイム ライブラリ リファレンス

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

C++ リファレンス への移動


Appmethod には、C および C++ プログラムから呼び出してさまざまな処理(低レベルおよび高レベルの入出力、文字列とファイルの操作、メモリ割り当て、プロセス制御、データ変換、算術演算など)を実行できる数百の関数、マクロ、クラスが用意されています。

このトピックでは、Windows の C/C++ RTL について触れています。

OS X の C/C++ RTL については、「OS X C RTL」を参照してください。iOS の C/C++ RTL については、「IOS C RTL」を参照してください。

メモ: オンライン ヘルプには、C ランタイム ライブラリの関数、マクロ、クラスがそれぞれ 1 度だけ記載されています。ただし、一部には、複数のヘッダー ファイルに定義されている関数、マクロ、クラスもあります。


たとえば、_strerror は string.h にも stdio.h にも定義されています。オンライン ヘルプでは、複数のヘッダー ファイルに定義されている関数については、アルファベット順で最初のヘッダー ファイルのトピックに記載しています。したがって、_strerror は string.h ではなく stdio.h のヘルプに記載されています。

関連トピック

ヘッダー ファイル

以下のヘッダー ファイルが $(BDS)\include\windows\crtl にあります。

ここでは、最もよく使用されるヘッダー ファイルのみ記載します。

標準ヘッダーについては、以下の外部リソースを参照してください。

Dinkumware ヘッダー ファイルについては、以下を参照してください。

  • ローカル ヘルプの「Dinkum C++ Library」([フィルタ条件]フィールドで Dinkumware を対象に含めます)
  • DINKUMWARE Ltd の Web サイト

お使いのシステムで任意のヘッダー ファイルを開いて、その中に記載されているコメントを参照することもできます。

C

かっこ内に C++ ヘッダーが示されています。

  • assert.h(cassert.h、cassert)
  • ctype.h(cctype.h、cctype)
  • errno.h(cerrno.h、cerrno)
  • float.h(cfloat.h、cfloat)
  • iso646.h(ciso646.h、ciso646)
  • limits.h(climits.h、climits)
  • math.h(cmath.h、cmath)
  • setjmp.h(csetjmp.h、csetjmp)
  • signal.h(csignal.h、csignal)
  • stdint.h
  • stdio.h(cstdio.h、cstdio)
  • stdlib.h(cstdlib.h、cstdlib)
  • string.h(cstring.h、cstring)
  • stdarg.h(cstdarg.h、cstarg)
  • time.h(ctime.h、ctime)
  • wchar.h(cwchar.h)
  • wctype.h(cwctype.h、cwctype)

C99

C++

  • bitset.h
  • deque.h
  • fstream.h
  • function.h
  • iomanip.h
  • ios.h
  • iosfwd.h
  • iostream.h
  • istream.h
  • iterator.h
  • locale.h
  • new.h
  • numeric.h
  • memory.h
  • ostream.h
  • set.h
  • stack.h
  • stdexcept.h
  • streambu.h
  • strstrea.h
  • valarray.h
  • vector.h
  • typeinfo.h

STL

  • hash_map.h
  • hash_set.h
  • queue.h
  • list.h
  • rope.h
  • slist.h
  • utility.h

Appmethod C++

Perl 互換正規表現

  • pcre.h
  • pcreposi.h
  • pcreposix.h