[外部差分ビューア]/[外部マージ ビューア]

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[ツール|オプション...]ダイアログ ボックス への移動


[ツール|オプション...|環境オプション|差分ビューア|追加]

[ツール|オプション...|環境オプション|マージ ビューア|追加]

コマンド選択によって、外部差分ビューアまたは外部マージ ビューアのいずれかを追加します。ファイルの差分やマージの処理中に履歴マネージャで競合が発生する場合は、インストールされている外部の差分ビューアやマージ ビューアを選択できます。一般に入手可能な差分ビューア/マージ ビューアに、Araxis Merge があります。

IDE への Subversion 統合を利用している場合、1 つ以上の外部差分ビューアやマージ ビューアを使用できます。これら 2 種類のビューアは、[差分ビューア]ダイアログ ボックスと[マージ ビューア]ダイアログ ボックスに表示されます。その他のビューアをリストに追加するには、上記の手順で、それぞれの指示に従って新規差分ビューアを追加するか、新規マージ ビューアを追加します。

項目 説明

[タイトル]

新しい外部ビューアのタイトルを入力します。

[プログラム]

外部ビューアの実行ファイル(.exe、.com、または .pif)を指定します。

[作業ディレクトリ]

プログラムへのパスを入力するか、参照([...])ボタンを使用して探します。

[パラメータ]

追加する外部ビューアのパラメータを指定します。

参照([...])

[プログラムの選択]ダイアログ ボックスが開き、使用するアプリケーションを探すことができます。開くファイルは、.exe、.com、.pif など特定の拡張子を持つファイルに限られます。

[マクロ]

展開して新しいビューアに渡すことのできる、使用可能なマクロが表示されます。[パラメータ]リストにマクロを追加するには、マクロをダブルクリックするか、マクロを選択して[選択したマクロをパラメータに挿入する]ボタンをクリックします。ウィザードでは、[パラメータ]リスト内のマクロをスペースで区切ります。

[選択したマクロをパラメータに挿入する]

[マクロ]リスト内のいずれかのマクロをクリックすると有効になります。選択したマクロを[パラメータ]フィールドに追加します。マクロの区切りとして、スペースを 1 つ入れてください。

メモ: 新規外部ビューアの追加処理を終了するには、[差分ビューア]/[マージ ビューア]ダイアログ ボックスの[OK]ボタンをクリックします。

関連項目