注釈機能を使用する

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

IDE 内の Subversion インテグレーション への移動

IDE 内の Git インテグレーション への移動


履歴マネージャAnnotate2.png([注釈を付ける])ツールバー ボタンをクリックすることで、バージョン管理システムの注釈ブレームとも呼ばれます)機能を使用できます。注釈機能は、対象ファイルの各行の相対的な存続時間を示します。Annotate2.png をクリックするたびに、([内容]ペインに)表示されているか[比較元]リスト([差分]ペイン内)で選択されているリビジョンをベースに注釈情報が生成されます。

[注釈を付ける]を起動すると、履歴マネージャでは、現在のファイルの行ごとにウィンドウの左マージン領域(注釈領域)にリビジョン番号が表示されます。注釈領域の各行には、ファイルの該当行に関連付けられているリビジョン番号が表示されます。つまり、左マージン領域に表示される番号は、その行が最後に変更された時刻を、その変更が Subversion にチェックインされたときのリビジョン番号として示しています。

履歴マネージャではバージョン管理データは静的です。つまり、ビューを変更するかファイルの別のリビジョンに対して差分操作を実行したときに注釈データを更新するには、[注釈を付ける]をクリックする必要があります。

バージョン管理されているファイルの注釈を表示するには:

  1. バージョン管理システム(Subversion または Git)の管理下に置かれているファイルを開きます。[ファイル|開く...]または[プロジェクト|プロジェクトに追加...]を使用できます。
  2. 履歴マネージャを開きます(コード エディタ ウィンドウの下端にある[履歴]タブをクリックします)。
  3. 履歴マネージャ[内容]タブまたは[差分]タブで、Annotate2.png[注釈を付ける])をクリックします。
    注釈領域(ウィンドウの左マージン領域)を観察します。ファイルの行ごとに最新リビジョン番号が表示されています。

ファイルの別のリビジョンを使って再度注釈を表示するには:

  1. 履歴マネージャの上部ペインで、以下のいずれかを行います。
    • [内容]タブで、[リビジョン内容]リストに表示されている別のリビジョンをクリックします。
    • [差分]タブで、[比較元]ペインに表示されている別のリビジョンをクリックします。
  2. Annotate2.png[注釈を付ける])をクリックします。

関連項目