モバイル チュートリアル:さまざまなスタイルを持つボタン コンポーネントを使用する(iOS および Android)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

モバイル チュートリアル:モバイル アプリケーション開発(iOS および Android) への移動


モバイル プラットフォームでのボタン

FireMonkey にはさまざまな種類のボタンが定義されていて、どの種類のボタンも以下の説明と同じ手順で使用できます。FireMonkey のボタンには、TButtonTSpeedButton などがあります。

以下は、アプリケーションのユーザー インターフェイスのさまざな部分に使用できる、さまざまなスタイルのボタン コンポーネントの例です。

  • フォーム上のボタン:
iOS Android

Tint Buttons IOS7.png

Tint Buttons Android.png

IOS7 SegmentedControl.png

AndroidSegmentedControl.png
  • ナビゲーション バー上のボタン(ナビゲーション バーはツールバーと呼ぶこともあります)
iOS Android

IOS7 ToolBarAndBackButton.png

AndroidToolBarAndBackButton.png

IOS7 ToolBarWithArrowButtons.png

AndroidToolBarWithArrowButtons.png

IOS7 ToolBarCancelDoneButtons.png

AndroidToolBarCancelDoneButtons.png

IOS7 ToolBarWithPlusButton.png

AndroidToolBarWithPlusButton.png

IOS7 ToolBarWIthToolButtonIcons.png

AndroidToolBarWIthColoredToolButtons.png

IOS7 ScopeBar.png

AndroidScopeBar.png

ボタン コンポーネントのルック アンド フィールの定義

フォーム デザイナに新しいボタンを配置したら、[オブジェクト インスペクタ]を使って、選択したコンポーネントの重要なプロパティを指定することができます。

コンポーネント(この場合はボタン)を選択し、以下のような一部のプロパティの値を参照したり変更します。

  • Text プロパティの値を更新して、ボタン表面に表示されるテキストを変更します。
  • Position.X プロパティおよびPosition.Y プロパティの値を変更します(またはマウスを使ってコンポーネントをドラッグします)。
  • Height プロパティや Width プロパティの値を変更します(またはマウスを使ってコンポーネントの縁をドラッグします)。
  • StyleLookup プロパティの下向き矢印をクリックします。
    StyleLookup のドロップダウン リストで、あらかじめ定義されたスタイルの中からコンポーネントの使い方に応じたものを選択することができます。

    IOSButtonStyleLookup.png
  • 色の付いたボタンを作成するには、TintColor プロパティおよび IconTintColor プロパティの値を変更します。後者のプロパティを使用できるのは、アイコンを持つスタイル付きボタンの場合だけです。

ボタンに TintColor を使用する

FireMonkey の TButton および TSpeedButton には、ボタンの色合いや色を指定する 2 つのプロパティがあります。

  • TintColor はボタンの背景色を指定します。
  • IconTintColor は、スタイル付きボタンのアイコンの色を指定します。

[オブジェクト インスペクタ]TintColor プロパティおよび IconTintColor プロパティを使用できるのは、ボタンの適切なスタイルを選択し、フォーム デザイナで適切なビューを選択した場合のみです(すべてのビューでこれらのプロパティは表示されません)。


Android ターゲット プラットフォームの場合:

スタイルに関わらず、ほとんどのボタンに色合いを適用できます。

  • スピード ボタンの場合、[オブジェクト インスペクタ]で TintColor の値を変更するには、適切な StyleLookup の値を選択する必要があります。
  • TintColor および IconTintColor を変更するには、右上の[ビュー]のリストで Android デバイスを選択してください。
C.png


iOS ターゲット プラットフォームの場合:

  • FireMonkey では、Apple のスタイル ガイドに準じたボタンを提供しているため、ティント機能をサポートしていないボタンがあります。
  • たとえば iOS 7 のセグメント ボタンには TintColor プロパティがあります (iOS 6 のセグメント ボタンではティント機能をサポートしていません)。

ボタンの StyleLookup プロパティを変更すると、[オブジェクト インスペクタ]ではそれに応じて TintColor プロパティや IconTintColor プロパティが自動的に表示されたり非表示になります。次の図は、Android アプリケーション上に 3 つの TSpeedButton が表示されている様子です。

TintColor2.png


ボタン上に画像を配置する

Appmethod では、設計時にボタン コンポーネント上にカスタム画像を置くことが簡単にできます。

ボタン上に画像を配置するには:

  1. フォーム デザイナ上に TButton コンポーネントと TImage コンポーネントを置き、TImageTButton の子コンポーネントにします ([構造]ビューを使用して行います)。
  2. TImage を選択し、[オブジェクト インスペクタ]Align プロパティを Client に設定します。
  3. [構造]ビューでボタンを選択し、Image ノードを展開して、[0 - Empty (1.000)]をクリックします。
  4. [オブジェクト インスペクタ]Bitmap の横の参照ボタン([...])をクリックします。
  5. MultiResBitmap エディタにカスタム画像を追加します。
  6. TButton を選択し、[オブジェクト インスペクタ]で次の設定を行います。
    • Text プロパティをクリアします。
    • TButtonHeight プロパティと Width プロパティを、画像の実際の高さと幅に設定します。

AddingImagetoButton.png

ボタン コンポーネントを使用したセグメント コントロールの作成

FireMonkey では、SpeedButton コンポーネントを使ってセグメント コントロールを定義しています。ユーザーはこの機能を使用して複数の選択肢から 1 つの値を選択することができます。

iOS

Android

IOSSegmentedControl.png

AndroidSegmentedControl.png


セグメント コントロールを定義する手順は以下のとおりです。

  1. [ツール パレット]から TSpeedButton コンポーネントを 3 つ配置します。マウスを使って TSpeedButton コンポーネントを隣り合わせに配置します。

iOS

Android

ThreeButtonControls.png

AndroidThreeButtonControls.png

  1. 1 番目のコンポーネントを選択し、StyleLookup プロパティを segmentedbuttonleft に変更します。

iOS

Android

ChangeFirstButtonToSegment.png

AndroidChangeFirstButtonToSegment.png

  1. 2 番目のコンポーネントを選択し、StyleLookup プロパティを segmentedbuttonmiddle に変更します。
  2. 3 番目のコンポーネントを選択し、StyleLookup プロパティを segmentedbuttonright に変更します。これで、3 つすべてのボタンがセグメント コントロールとして表示されます。

iOS

Android

AllButtonsAreNowSegments.png

AndroidAllButtonsAreNowSegments.png

  1. 各コンポーネントを選択し、Text プロパティを任意の値に変更します。

iOS

Android

LeftMiddleRightButtons.png

AndroidLeftMiddleRightButtons.png

  1. マウスを使用して、これら 3 つのボタンを選択します。

iOS

Android

SelectAllThreeButtons.png

AndroidSelectAllThreeButtons.png

  1. GroupName プロパティを LocationSegments などの一意の名前に設定します。
SetStayPressedToTrue.png

  1. コンポーネントの 1 つがデフォルトで押された状態に表示されるよう指定するには、1 つのコンポーネントの IsPressed プロパティを True に設定します。

iOS

Android

IOSSegmentedControl.png

AndroidSegmentedControl.png

ツールバー コンポーネント上でのスコープ バーの作成

ツールバー上にセグメント コントロールを定義することができます。これはスコープ バーとも呼ばれるもので、検索範囲を制御するために使用できるセグメント コントロールです。

先ほどの手順と同じ TSpeedButton コントロールを使用しますが、StyleLookup プロパティには以下の値を設定します。

  • toolbuttonleft
  • toolbuttonmiddle
  • toolbuttonright

iOS

Android

IOSScopeBar.png

AndroidScopeBar.png

関連項目