ストリームの使用

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

RTL の使用:インデックス への移動


ストリームとは、データの読み書きを可能するクラスです。 これらは、メモリ、文字列、ソケット、データベースの Blob フィールドなど、異なるメディアに対する読み書きのための共通インターフェイスを提供します。 ストリーム クラスは複数あり、すべて TStream から派生します。 各ストリーム クラスは、1 つのメディア タイプに特化します。 たとえば、TMemoryStream はメモリ イメージに対して読み書きを行い、TFileStream はファイルに対して読み書きを行います。

トピック

次のトピックでは、すべてのストリーム クラスに共通するメソッドについて説明しています:

関連項目

コード サンプル