コンポーネントのプロパティの設定

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

コンポーネントの利用:インデックス への移動

コンポーネントのプロパティは、設計時でも実行時でも設定できます。

  • 設計時に公開プロパティを設定するには、[オブジェクト インスペクタ]を使用できます。場合により、特別なプロパティ エディタも使用できます。
  • 実行時にプロパティを設定するには、次の例に示すように、アプリケーションのソース コードで値を割り当てます。

Object Pascal の場合:

 TMyObject.SomeProperty := True;

C++ の場合:

 TMyObject->SomeProperty = True;

各コンポーネントのプロパティの詳細は、オンライン ヘルプの API ドキュメントを参照してください。

関連項目