オブジェクト リポジトリのプロジェクト テンプレートを使用する(IDE チュートリアル)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

Appmethod アプリケーションを初めて作成する(IDE チュートリアル):インデックス への移動


IDE では通常、オブジェクト リポジトリのプロジェクト テンプレートを開いてプロジェクトを作成します。これは、[ファイル|新規作成]をクリックして行います。

Appmethod でこのプロジェクトを作成するには、[ファイル|新規作成]をクリックし、使用する言語に応じて次のいずれかを選択します。

  • [マルチデバイス アプリケーション - C++]
  • [マルチデバイス アプリケーション - Object Pascal]

現在の[ファイル]メニューとその[新規作成]コマンド サブメニューは、次の 2 つのスクリーンショットのように表示されます。

TutorialIDEFig3-1.png
[ファイル]メニューの基本オプションの説明
TutorialIDEFig3-2HotPocket.png
[ファイル|新規作成]サブメニュー

このチュートリアルでは、[ファイル|新規作成]サブメニューから選択できる[マルチデバイス アプリケーション]テンプレートを使用します。ただし、他にも数多くのプロジェクト テンプレートが[新規作成]ダイアログ ボックスで提供されています。このダイアログ ボックスは、[ファイル|新規作成|その他...]を選択すると開くことができます。

NewItemsDialogBox.png
[新規作成]ダイアログ ボックス

この[新規作成]ダイアログ ボックスでは、さまざまな種類のプロジェクトの他に、ユニット テストやサードパーティ製プロジェクトなども作成することができます。

[マルチデバイス アプリケーション]メニュー項目をクリックして FireMonkey デスクトップ プロジェクトを作成すると、メイン フォームなどのいくつかのファイルが自動的に生成されます。ファイルの生成が済むと、メイン フォームがフォーム デザイナに表示されます。

TutorialIDENewFig3-3kh2.PNG
Appmethod アプリケーションを作成したときのデフォルトのレイアウト(Object Pascal の画面)
TutorialIDENewFig3-4kh2.PNG
Appmethod アプリケーションを作成したときのデフォルトのレイアウト(C++ の画面)

次のチュートリアル

メイン フォームの基本的なカスタマイズ