System.TObject.Disposed

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

property Disposed: Boolean read GetDisposed;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property protected System.pas System TObject

説明

Disposed は読み取り専用プロパティで、このオブジェクトの現在の状態を示します。

Disposed プロパティは、DisposeOf メソッドを使用してオブジェクトが破棄された際に True が返されます。 そうでなければ、False を返します。

 
 type
   TMySimpleClass = class
   private
     //
     stringMember: String;
     constructor Create(Text: String);
     destructor Destroy;
   end;
 
 constructor TMySimpleClass.Create(Text: String);
 begin
   stringMember := Text;
 end;
 
 destructor TMySimpleClass.Destroy;
 begin
   // これは、DisposeOf メソッドの呼び出し時に実行される。
 end;
 
 var
   myObject: TMySimpleClass;
 begin
   myObject := TMySimpleClass.Create
     ('This is a code snippet illustrating the functionality for the DisposeOf method and Disposed property');
   if not myObject.Disposed then
     myObject.DisposeOf;
   // ここから開始、オブジェクトは Disposed の状態に入った。
 end.

メモ: System.TObject.DisposeOf メソッドは、Object Pascal モバイル コンパイラによってサポートされます。 Disposed 状態は、自動参照カウントDCCIOSARM.EXEDCCIOS32.EXE)を使用するコンパイラ下でのみ、効果があります。

関連項目