System.SysUtils.WideFormatBuf

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

function WideFormatBuf(var Buffer; BufLen: Cardinal; const Format; FmtLen: Cardinal; const Args: array of const): Cardinal;
function WideFormatBuf(var Buffer; BufLen: Cardinal; const Format; FmtLen: Cardinal; const Args: array of const; const AFormatSettings: TFormatSettings): Cardinal;

C++

extern DELPHI_PACKAGE unsigned __fastcall WideFormatBuf(void *Buffer, unsigned BufLen, const void *Format, unsigned FmtLen, System::TVarRec const *Args, const int Args_High)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.SysUtils.pas
System.SysUtils.hpp
System.SysUtils System.SysUtils


説明

配列の引数を整形し、バッファ内にその結果を配置します。

この関数は、指定されたオープンな配列 Args にある一連の引数を整形します。 整形は、Unicode 書式文字列である Format (この長さは FmtLen) で渡される)によって制御されます。この結果は、Buffer (この長さは BufLen で渡される)に返されます。この関数は、整形された文字列内の Unicode 文字の数を返します。

メモ: 両バッファとも、ワイド文字(Unicode)を保有しています。BufLen および FmtLen は、それぞれのバッファ内の Unicode 文字の数(バイト数ではなく)を指定しなければなりません。

書式文字列の情報については、Format 文字列を参照してください。

WideFormatBuf の第 1 の形式は、グローバル変数に含まれているローカライズ情報を使用するため、スレッド セーフではありません。 WideFormatBuf の第 2 の形式は、AFormatSettings パラメータに含まれているローカライズ情報を参照し、スレッド セーフです。 WideFormatBuf のスレッド セーフ形式を呼び出す前に、AFormatSettings にローカライズ情報を入れる必要があります。 AFormatSettings にデフォルトのローカル値セットを入れるには、TFormatSettings.Create を呼び出します。