System.Internal.VarHlpr.VariantPutElement

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

procedure VariantPutElement(var V: Variant; const data: Variant; i1: integer); overload;
procedure VariantPutElement(var V: Variant; const data: Variant; i1, i2: integer); overload;
procedure VariantPutElement(var V: Variant; const data: Variant; i1, i2, i3: integer); overload;
procedure VariantPutElement(var V: Variant; const data: Variant; i1, i2, i3, i4: integer); overload;
procedure VariantPutElement(var V: Variant; const data: Variant; i1, i2, i3, i4, i5: integer); overload;

C++

extern DELPHI_PACKAGE void __fastcall VariantPutElement(System::Variant &V, const System::Variant &data, int i1)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
System.Internal.VarHlpr.pas
System.Internal.VarHlpr.hpp
System.Internal.VarHlpr System.Internal.VarHlpr

説明

バリアント配列で要素の値を設定します。

VariantPutElement はバリアント配列 V の指定インデックスにバリアント値を設定します。

この関数には、5 つの形式があります。それぞれの形式での入力は、バリアント配列、設定するバリアント値とその配列の次元に対応する数のインデックスです。

関連項目