System.Internal.VarHlpr.VariantArrayRedim

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

procedure VariantArrayRedim(var V: Variant; High: Integer);

C++

extern DELPHI_PACKAGE void __fastcall VariantArrayRedim(System::Variant &V, int High);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
System.Internal.VarHlpr.pas
System.Internal.VarHlpr.hpp
System.Internal.VarHlpr System.Internal.VarHlpr

説明

バリアント配列のサイズを変更します。

VariantArrayRedim は右端の次元の上限を指定値に変更することにより、対象のバリアント配列のサイズを変更します。

入力値はバリアント配列であることが必要で、バリアント配列ではない場合は、EVariantInvalidArgError 例外が発生します。

関連項目