System.Classes.WriteComponentResFile

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

procedure WriteComponentResFile(const FileName: string; const Instance: TComponent);

C++

extern DELPHI_PACKAGE void __fastcall WriteComponentResFile(const System::UnicodeString FileName, TComponent* const Instance);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
System.Classes.pas
System.Classes.hpp
System.Classes System.Classes

説明

コンポーネントとそのプロパティをリソースファイル形式でファイルに書き込みます。

WriteComponentResFile 手続きを使用すると,Instance パラメータで指定されるコンポーネントを指定のファイルに保存できます。この場合,ファイルはリソースファイル形式で保存されます。

WriteComponentResFile で記述されたコンポーネントを読み出すには,ReadComponentResFile 関数を呼び出します。

関連項目