System.Classes.RegisterComponents

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

procedure RegisterComponents(const Page: string; ComponentClasses: array of TComponentClass);

C++

extern DELPHI_PACKAGE void __fastcall RegisterComponents(const System::UnicodeString Page, TComponentClass *ComponentClasses, const int ComponentClasses_High);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
System.Classes.pas
System.Classes.hpp
System.Classes System.Classes


説明

一連のコンポーネントを登録して、それらがすべて、コンポーネント パレットの同じページ上に現れるようにします。

RegisterComponents を呼び出すと、一連のコンポーネントが IDE 内にインストールされます。 コンポーネントを登録すると、コンポーネント パレット上に表示されるようになり、選択してフォームやデータ モジュール上に配置できるようになります。 登録したコンポーネントは、オブジェクト インスペクタとやり取りできるので、ユーザーは、そこからプロパティやイベントを取得および設定することができます。

Page パラメータには、コンポーネントを表示させるコンポーネント パレットのページ名を指定します。 指名したページがすでに存在する場合、コンポーネントはそのページに追加されます。 指名したページが存在しない場合は、新しいパレット ページが、その名前で作成されます。

コンポーネントが登録されるよう、ComponentClasses パラメータに渡します。

メモ: C++ では、ComponentClasses_High パラメータは、ComponentClasses 配列における最後のクラスにインデックスを示します(実際のクラスの数より 1 つ少なくなります)。

RegisterComponents は、カスタム コンポーネントを定義するいずれかのユニット内で、Register プロシージャの実装から呼び出します。 それから、コンポーネントを定義するユニットは、パッケージにコンパイルされ、そのパッケージは、カスタム コンポーネントをコンポーネント パレットに表示する前に、インストールされていなければなりません。

メモ: コンポーネントを登録した後、ユーザーはそれを別のパレット ページに移動させることができます。 一旦、移動を行った後、そのコンポーネントは常に新しい移動先のページ上に表示されます。 2 度目の RegisterComponents 呼び出しは、コンポーネントが表示されるページには影響しません。

関連項目

コード サンプル