VARSTRINGCHECKS(var 文字列チェック)(Object Pascal)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

Object Pascal コンパイラ指令のリスト:インデックス への移動

種類

スイッチ

構文

{$V+} または {$V-} {$VARSTRINGCHECKS ON} または {$VARSTRINGCHECKS OFF}

デフォルト

{$V+} {$VARSTRINGCHECKS ON}

スコープ

ローカル



解説

$V 指令は、短い文字列を使用する Object Pascal コードにのみ意味があります。Object Pascal および Object Pascal の初期バージョンとの下位互換性のために提供されています。

$V 指令は、変数パラメータとして渡された短い文字列の型チェックを制御します。{$V+} の状態では、厳密な型チェックが行われ、仮パラメータと実パラメータが同一の文字列型であることを要求します。{$V-} の状態では、短い文字列型の変数はすべて実パラメータとして使用できます。宣言された最大長が仮パラメータの最大長と同じでなくてもかまいません。

関連項目