RTL に対する言語サポート(C++)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

C++ の特徴 への移動


Appmethod C++ では、Object Pascal で作成されたランタイム ライブラリ(RTL)のラピッド アプリケーション開発(RAD)機能を活用しています。このセクションでは、RTL をサポートするために Object Pascal の言語機能、構文要素、概念が Appmethod C++ にどう実装されているかを説明します。

このセクションの内容

  • C++ と Object Pascal のオブジェクト モデルを比較し、Appmethod C++ ではこれら 2 つのアプローチがどう組み合わされているかを説明します。
  • Appmethod C++ では Object Pascal の言語構文要素が対応する C++ 構文要素にどう翻訳されているかを説明します。
  • RTL をサポートするために追加された拡張キーワードの詳細について説明します。これらの拡張機能の中には、クロージャやプロパティなどのように、RTL ベース コードのサポートとは無関係に有用なものもあります。

System.TObject から派生した C++ クラスのリファレンスでは、TObject を最終的な上位クラスとする(必ずしも直接の上位クラスではない)クラスについて言及されています。コンパイラの診断情報との一貫性を保つため、このようなクラスも "Object Pascal 形式のクラス" として扱われています。


関連トピック