Object Pascal データ型および言語概念のサポート

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

RTL に対する言語サポート(C++) への移動


VCL をサポートするため、Appmethod C++ では、Object Pascal の大半のデータ型、構文要素、言語概念を実装、あるいは C++ 言語に変換またはマッピングしています。 これは以下の方法で行われます。

  • ネイティブ C++ 型への typedef
  • クラス、構造体、クラス テンプレート
  • 相当する C++ 言語機能
  • マクロ
  • ANSI 準拠の言語拡張機能となるキーワード

Object Pascal 言語のすべての側面が C++ にきれいに対応するわけではありません。 時には、言語のこのような部分を使用した結果、アプリケーションが予期しない動作をするおそれもあります。 以下はその例です。

  • 一部の型は Object Pascal にも C++ にも存在しますが、両者の定義が異なります。 これら 2 つの言語間でコードを共有する場合、これらの型には注意が必要です。
  • Object Pascal には、Appmethod C++ をサポートするために拡張機能がいくつか追加されています。 時には、これらが相互運用に微妙な影響を及ぼすおそれがあります。
  • C++ 言語にマッピングされない Object Pascal の型および言語構文要素は、これらの言語間でコードを共有する場合には、Appmethod C++ で使用しないようにする必要があります。

このセクションでは、Appmethod C++ で Object Pascal 言語をどう実装しているのかをまとめ、注意が必要な場合について説明します。

関連項目