[コミット](SVN)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[プロジェクト マネージャ] への移動


[表示|プロジェクト マネージャ|([プロジェクト マネージャ]でSubversion 管理下のファイルまたはプロジェクトを右クリック)|Subversion|コミット]

コード エディタで Subversion の管理下にあるファイルを右クリックし、[バージョン管理|Subversion|コミット]

[コミット]は、作業ファイルの変更箇所をリポジトリに送るバージョン管理操作です。 ファイルをコミットした後、更新の完了後は、他のユーザからもリポジトリに送られた変更にアクセスできます。

[コミット]コマンドを選択すると、まず最初に[ファイル|すべて保存]が行われます。 次に、コード エディタ ウィンドウに[コミット]ペインが表示されます。 [コミット]ペインは、2 つのセクションから構成されています。 上部セクションには、すべてのファイルが表示され、コミットするかどうかを選択できます(変更されていないファイルは表示されません)。 下部セクションは、コメント入力フィールドです。 コミットするファイルを選択するには、ファイル名の前にあるチェック ボックスをオンにします。 チェック ボックスをオフにすると、そのファイルは無視されます(コミットの対象になりません)。

項目 説明

[コミット先: <場所>]

次のような、コミットされるファイルに関する情報と、システム内でそのファイルが置かれている場所を表示します。

  • [名前]
  • [パス]
  • [拡張子](.pas や .cpp などの拡張子)
  • [状態]([変更しました]や[追加しました]など)

[コミット先: <場所>]フィールドでファイルを右クリックすると、次のコンテキスト メニュー コマンドを選択できます。

[差分]

選択したローカルな作業ファイルと、そのファイルのリポジトリにあるバージョンとの差分(比較)を実行します。

[元に戻す]

選択したファイルの直前の変更を元に戻します。

[コメント]

ここには、Subversion ログ(タスク ID やコミットするファイルに対して行われた変更など)のコメントを記入できます。

[バージョン管理対象外のファイルを表示する]

バージョン管理の対象外だが[コミット先: <場所>]にあるファイルを、表示または非表示にできます。 バージョン管理対象外のファイルを右クリックし、[追加]をクリックすると、バージョン管理に追加できます。

[外部アイテムを表示する]

外部リポジトリへの参照を、表示または非表示にできます。

[すべてチェックまたはチェック解除]

コミットするすべてのファイルのチェック ボックスをオンまたはオフにします。

[最新のコメント](SVN)

コミットされたファイルとともに保存されたすべてのコメントと、コミットのために入力されたものの保存されずに破棄されたすべてのコメントを表示します。

[コミット]

選択したファイルをコミットし、リポジトリに保存します。

関連項目