[オペレーションの追加](C++)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[表示]メニュー への移動



C++ クラス エクスプローラで選択したクラスやインターフェイスや型に、オペレーションを追加します。

[C++ Class Explorer]ウィンドウで、次のいずれかを使って[オペレーションの追加]ダイアログ ボックスを呼び出します。

  • [このクラスに新しいオペレーションを追加]ツールバー ボタン(ClExplAddMethod.bmp
  • [オペレーションの追加...]コンテキスト メニュー コマンド

注: [オペレーションの追加...]コンテキスト メニュー コマンドおよび[このクラスに新しいオペレーションを追加]ツールバー ボタン(ClExplAddMethod.bmp)は、C++ の管理対象ユニットで宣言された要素に対してのみ利用可能です。 C++ ユニットを作成するには、次のいずれかを選択します。

  • [ファイル|新規作成|ユニット - C++]
  • [ファイル|新規作成|フォーム - C++]

C++ 管理対象ユニットが通常の C++ ソース ファイルと異なるのは、ヘッダー ファイル(.h)および実装ファイル(.cpp)がまとめて扱われる点です。 C++ 管理対象ユニットの場合、コード エディタのウィンドウ下部に .cpp ファイルのタブと .h ファイルのタブが表示されます。

C++ クラス エクスプローラを使って VCL 要素にフィールドやオペレーションやプロパティを追加することはできません。


項目 説明

[名前]

オペレーション名を指定します。

[戻り値の型]

オペレーションが返す予定の型を指定します。

[可視性]

作成するオペレーションの可視性を指定します。 次の中から選択します。

[メソッド パラメータ]

オペレーションが受け取るパラメータを指定します。

[指令]

このオペレーションで使用する C++ コンパイラ指令を指定します。 次の中から選択します。

関連項目