ファイル入出力のサポート

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

API カテゴリ:インデックス への移動


ここでは、ファイル入出力のサポートに関わるすべてのルーチンおよび変数を列挙します。

メンバ 説明

System.Append

既存のファイルを、末尾にテキストを追加するように設定します。

System.Assign

外部ファイルの名前をファイル変数に関連付けます。

System.AssignFile

外部ファイルの名前をファイル変数に関連付けます。

System.BlockRead

開いているファイルから 1 つ以上のレコードを読み取って変数に格納します。

System.BlockWrite

1 つ以上のレコードを変数から、開いているファイルに書き込みます。

System.Close

ファイル変数と外部ファイルとの関連付けを終了します。

System.CloseFile

ファイル変数と外部ディスク ファイルとの関連付けを終了します。

System.SysUtils.DeleteFile

ファイルをディスクから削除します。

System.Eof

ファイル ポインタがファイルの終わりに達したかどうかを検査します。

System.Eoln

ファイル ポインタが行末に達したかどうかを検査します。

System.Erase

外部ファイルを削除します。

System.ErrOutput

は、プロセスのエラー出力ファイルに関連付けられた、書き込み専用のテキスト ファイルを示します。

System.SysUtils.FileAge

ファイルの OS タイムスタンプを返します。

System.SysUtils.FileClose

指定したファイルを閉じます。

System.SysUtils.FileCreate

新しいファイルを作成します。

System.SysUtils.FileDateToDateTime

OS タイムスタンプ値を TDateTime 値に変換します。

System.SysUtils.FileExists

指定したファイルが存在するかどうかを検査します。

System.SysUtils.FileGetAttr

指定したファイルのファイル属性を返します。

System.SysUtils.FileGetDate

指定したファイルの OS タイムスタンプを返します。

System.SysUtils.FileIsReadOnly

ファイルが読み取り専用かどうかを返します。

System.FileMode

System.Reset プロシージャによってオープンされた型付きファイルや型なしファイルのアクセス モードを表します。

System.SysUtils.FileOpen

指定のファイルを指定のアクセス モードで開きます。

System.FilePos

現在のファイル ポインタの位置を返します。

System.SysUtils.FileRead

ファイルから指定のバイト数を読み取ります。

System.SysUtils.FileSearch

指定のディレクトリ パス内でファイルを探します。

System.SysUtils.FileSeek

読み取り/書き込みポインタを移動します。

System.SysUtils.FileSetAttr

指定したファイルのファイル属性を設定します。

System.SysUtils.FileSetDate

指定したファイルの OS タイム スタンプを設定します。

System.SysUtils.FileSetReadOnly

ファイルのアクセス権限を読み取り専用に設定します。

System.FileSize

ファイル内のレコード数を返します。

System.SysUtils.FileWrite

バッファの内容をファイルの現在のポインタ位置に書き込みます。

System.Flush

出力用に開いたテキスト ファイルのバッファを空にします。

System.IOResult

最後に実行された I/O 操作のステータスを返します。

System.Input

プロセスの標準入力ファイルに関連付けられた読み取り専用のテキストファイルを定義します。

System.Output

プロセスの出力ファイルに関連付けられた書き込み専用のテキスト ファイルを定義します。

System.Read

ファイルからデータを読み取ります。

System.Readln

ファイルからテキストを 1 行読み取ります。

System.Rename

外部ファイルの名前を変更します。

System.SysUtils.RenameFile

ファイル名を変更します。

System.Reset

既存のファイルを開きます。

System.Rewrite

新しいファイルを作成して開きます。

System.Seek

現在のファイル ポインタを指定の位置に移動します。

System.SeekEof

ファイルの EOF(end-of-file)ステータスを返します(ホワイトスペースは無視)。

System.SeekEoln

ファイルの行末ステータスを返します(ホワイトスペースは無視)。

System.SetTextBuf

テキスト ファイルに入出力バッファを割り当てます。

System.Truncate

現在のファイル ポインタから後のすべてのレコードを削除します。

System.Write

種類を指定したファイルまたはテキスト ファイルに書き出します。

System.WriteLn

テキスト ファイルに書き込んで、行末マーカーを追加します。


関連項目