System.IUnknown.AddRef

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

C++

virtual ULONG STDMETHODCALLTYPE AddRef( void) = 0;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public unknwn.h System IUnknown

説明

このインターフェイスに対する参照をインクリメントします。

ほとんどの実装では、AddRef はインターフェイスへの参照カウントをインクリメントさせ、新しい参照カウントを返します。 呼び出し者がインターフェイスを抜けたら、ユーザーは Release メソッドを呼び出して、参照カウントで減少させなければなりません。参照カウントが 0 になると、オブジェクトが自動的に解放されます。

メモ:

  • 実装オブジェクトは、AddRef および Release を、何の参照カウント処理をしないように実装することも可能です。このようなオブジェクトの場合、参照カウントは決して 0 にはならず、オブジェクトも自動的には解放されません。 この場合、オブジェクトを解放するのはアプリケーションの役目となります。
  • このインターフェイス ポインタの新しいコピーが作成されるたびに、このメソッドを呼び出します。

関連項目