[使用する権限]

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[<プロジェクト名> のプロジェクト オプション]ダイアログ ボックス への移動

[プロジェクト|オプション...|使用する権限]

このダイアログ ボックスを使って、Android アプリケーションが動作するために必要な権限を指定することができます。指定した権限が Appmethod によって AndroidManifest.xml ファイルに追加されます。

以下に例を挙げます。

  • InterBase ではいくつかの権限が必要です。
    • [インターネット]: アプリケーションでネットワーク ソケットにアクセスできるようにします。リモートの InterBase データベースにアクセスするクライアント/サーバー アプリケーションを構築している場合には、この権限は必須です。また、メッセージを出さずにライセンス登録を行う InterBase の "CALL HOME" 機能でもこの権限が必要です。
    • [外部ストレージの読み取り]/[外部ストレージへの書き込み]: InterBase ファイル(データベース ファイルを含む)が配布されている外部ストレージの場所にアクセスできるようにします。この権限は、読み書き操作を実行するアプリケーションに必要です。
  • FireMonkey コンポーネントの中には特定の権限を必要とするものがあります。以下に例を挙げます。
    • TCalendarEdit には[カレンダーの読み取り]および[カレンダーへの書き込み]の権限が必要です。
    • TLocationSensor には[おおよその位置情報へのアクセス]および[詳細な位置情報へのアクセス]の権限が必要です。


注意: Android アプリケーションに構成されている権限のリストを慎重に確認してください。アプリケーションに必要のない権限は無効にするべきです。理由は以下のとおりです。
  • Android デバイスでは、初めてアプリケーションを実行した際に、要求された権限ごとにユーザーにそれを受け入れるかを確認するメッセージを出力します。
  • Google Play などのアプリケーション ストアで、権限によってアプリケーションが除外される可能性があります。たとえば、アプリケーションで[電話の自動発信]権限を要求している場合(デフォルトでは要求します)、ユーザーがそのアプリケーションをタブレットにインストールできないようアプリケーション ストアで制限される可能性があります。

一部の基本の Android 権限はすべての FireMonkey Android アプリケーションに設定される

新規作成された Android モバイル アプリケーションには、以下の必要な権限がデフォルトで設定されています。

オプション 説明

[ターゲット]、[適用...]、[保存...]

[ターゲット]オプション」を参照。

共通項目

[<プロジェクト名> のプロジェクト オプション]ページの共通項目」を参照。

基本の使用権限

以下の使用権限は、ほとんどの Android アプリケーションで必要に応じて使用することができます。非常によく使用される基本の権限の一部は Android アプリケーションの新規作成時に Appmethod によってあらかじめ設定されます。

権限 説明

[おおよその位置情報へのアクセス]

携帯電話基地局や Wi-Fi などのネットワーク位置情報源から得られるおおよその位置情報にアプリケーションからアクセスできるようにします。

[詳細な位置情報へのアクセス]

GPS、携帯電話基地局、Wi-Fi などの位置情報源から得られる正確な位置情報にアプリケーションからアクセスできるようにします。

[位置情報プロバイダ追加コマンドへのアクセス]

位置情報プロバイダの追加コマンドにアプリケーションからアクセスできるようにします。

[模擬位置情報へのアクセス]

テスト用の模擬位置情報プロバイダをアプリケーションで作成できるようにします。

[ネットワーク状態へのアクセス]

ネットワークに関する情報にアプリケーションからアクセスできるようにします。

[Wi-Fi 状態へのアクセス]

Wi-Fi ネットワークに関する情報にアプリケーションからアクセスできるようにします。

[ボイスメールの追加]

アプリケーションでシステムにボイスメールを追加できるようにします。

[アカウントの認証]

アプリケーションが AccountManager の AccountAuthenticator として機能できるようにします。

[電池の統計情報]

電池の統計データをアプリケーションで収集できるようにします。

[アクセシビリティ サービスのバインド]

このサービスにバインドできるのはシステムのみであることを保証するために AccessibilityService から要求される権限です。

[デバイス管理者のバインド]

このレシーバとやり取りできるのはシステムのみであることを保証するためにデバイス管理レシーバから要求される権限です。

[インプット メソッドのバインド]

このサービスにバインドできるのはシステムのみであることを保証するために InputMethodService から要求される権限です。

[リモート ビューのバインド]

このサービスにバインドできるのはシステムのみであることを保証するために RemoteViewsService から要求される権限です。

[テキスト サービスのバインド]

TextService から要求される権限です。

[VPN サービスのバインド]

このサービスにバインドできるのはシステムのみであることを保証するために VpnService から要求される権限です。

[壁紙のバインド]

このサービスにバインドできるのはシステムのみであることを保証するために WallpaperService から要求される権限です。

[Bluetooth]

一組の Bluetooth デバイスにアプリケーションから接続できるようにします。

[Bluetooth 管理]

アプリケーションで Bluetooth デバイスを検出しペアにすることができるようにします。

[スティッキー インテントのブロードキャスト]

スティッキー インテントをアプリケーションからブロードキャストできるようにします。これらは、完了後にデータがシステムに保持されるブロードキャストなので、クライアントでは、次回のブロードキャストを待たずにそのデータをすぐに取得できます。

[電話の自動発信]

ダイヤラ ユーザー インターフェイスを介してユーザー側で発信を確認せずに、アプリケーションから電話を自動発信できるようにします。

[カメラの使用]

カメラ デバイスにアクセスできるようにするために必要です。

[構成の変更]

ロケールなどの現在の構成をアプリケーションで変更できるようにします。

[ネットワーク接続状態の変更]

ネットワークの接続状態をアプリケーションで変更できるようにします。

[Wi-Fi マルチキャスト状態の変更]

アプリケーションで Wi-Fi マルチキャスト モードに入ることができるようにします。

[Wi-Fi 状態の変更]

Wi-Fi の接続状態をアプリケーションで変更できるようにします。

[アプリケーション キャッシュのクリア]

デバイスにインストールされているすべてのアプリケーションのキャッシュをアプリケーションでクリアできるようにします。

[キーロックの無効化]

キーロックをアプリケーションで無効にできるようにします。

[ステータス バーの展開]

ステータス バーをアプリケーションで展開するまたは折りたたむことができるようにします。

[フラッシュ ライトの制御]

フラッシュ ライトにアクセスできるようにします。

[アカウントの取得]

アカウント サービスで管理されているアカウントのリストにアクセスできるようにします。

[パッケージ サイズの取得]

任意のパッケージの使用領域をアプリケーションで特定できるようにします。

[タスク情報の取得]

現在実行中または最近実行したタスクに関する情報をアプリケーションで取得できるようにします。

[グローバル検索]

特定のコンテンツ プロバイダのデータにグローバル検索システムからアクセスできるようにします。

通常、[グローバル検索]を使用するのはプロバイダによって何らかの権限(グローバル検索が持っていないと思われる権限)でデータが保護されている場合で、グローバル検索はグローバル検索クエリが実行されるプロバイダのパスに読み取り専用の権限として追加されます。[グローバル検索]権限は、通常のアプリケーションに持たせることはできません。これは、グローバル検索以外の他のすべてのアプリケーションからアプリケーション自体を保護するためにアプリケーションが使用するものです。

[インターネット]

ネットワーク ソケットをアプリケーションで開くことができるようにします。

[バックグラウンド プロセスの強制終了]

アプリケーションから killBackgroundProcesses(String) を呼び出せるようにします。

[アカウントの管理]

AccountManager で管理されているアカウントのリストをアプリケーションで管理できるようにします。

[音声設定の変更]

音声全般の設定をアプリケーションで変更できるようにします。

[NFC]

アプリケーションで NFC を介して入出力操作を実行できるようにします。

[電話発信の処理]

電話の発信をアプリケーションで監視、変更、または中止できるようにします。

[カレンダーの読み取り]

ユーザーのカレンダー データをアプリケーションで読み取ることができるようにします。

[通話履歴の読み取り]

ユーザーの通話履歴をアプリケーションで読み取ることができるようにします。

[連絡先の読み取り]

ユーザーの連絡先データをアプリケーションで読み取ることができるようにします。

[外部ストレージの読み取り]

アプリケーションで外部ストレージから読み取ることができるようにします。

[閲覧履歴とブックマークの読み取り]

ユーザーの閲覧履歴とブックマークをアプリケーションで読み取ることができるようにします(書き込みは不可)。

[電話機能の状態の読み取り]

電話機能の状態に読み取り専用でアクセスできるようにします。

[プロフィールの読み取り]

ユーザーの個人プロフィール データをアプリケーションで読み取ることができるようにします。

[SMS メッセージの読み取り]

SMS メッセージをアプリケーションで読み取ることができるようにします。

ソーシャル ストリームの読み取り

アプリケーションでユーザーのソーシャル ストリームから読み取ることができるようにします。

[同期設定の読み取り]

同期設定をアプリケーションで読み取ることができるようにします。

[同期統計情報の読み取り]

同期統計情報をアプリケーションで読み取ることができるようにします。

[ユーザー辞書の読み取り]

ユーザー辞書をアプリケーションで読み取ることができるようにします。

[起動完了インテントの受信]

システムによるブートの完了後にブロードキャストされる ACTION_BOOT_COMPLETED インテントをアプリケーションで受信できるようにします。

[MMS メッセージの受信]

着信する MMS メッセージをアプリケーションで監視して記録または処理できるようにします。

[SMS メッセージの受信]

着信する SMS メッセージをアプリケーションで監視して記録または処理できるようにします。

[WAP PUSH メッセージの受信]

着信する WAP PUSH メッセージをアプリケーションで監視できるようにします。

[音声の録音]

音声をアプリケーションで録音できるようにします。

[タスクの順序変更]

タスクの Z 順序(Z オーダー)をアプリケーションで変更できるようにします。

[SMS メッセージの送信]

SMS メッセージをアプリケーションで送信できるようにします。

[アラームの設定]

ユーザーのアラームを設定するインテントをアプリケーションからブロードキャストできるようにします。

[タイム ゾーンの設定]

システムのタイム ゾーンをアプリケーションで設定できるようにします。

[壁紙の設定]

壁紙をアプリケーションで設定できるようにします。

[壁紙ヒントの設定]

壁紙ヒントをアプリケーションで設定できるようにします。

[購読フィードの読み取り]

購読しているフィードの ContentProvider にアプリケーションからアクセスできるようにします。

[購読フィードへの書き込み]

購読しているフィードの ContentProvider にアプリケーションから書き込みできるようにします。

[システム警告ウィンドウ]

TYPE_SYSTEM_ALERT タイプを使用するウィンドウ(他のあらゆるアプリケーションより前面に表示される)をアプリケーションで開くことができるようにします。

[資格情報の使用]

アプリケーションから AccountManager に認証トークンを要求できるようにします。

[SIP サービスの使用]

SIP サービスをアプリケーションで使用できるようにします。

[販売課金 (アプリ内課金)]

アプリ内課金サービスを使用できるようにします。詳細、Android のドキュメントを参照。

[バイブレーション]

バイブレータにアクセスできるようにします。

[WakeLock]

PowerManager.WakeLock を使用して、プロセッサのスリープや画面の暗転を避けることができるようにします。

[カレンダーへの書き込み]

ユーザーのカレンダー データをアプリケーションで書き込むことができるようにします(読み取りは不可)。

[通話履歴の書き込み]

ユーザーの通話履歴をアプリケーションで書き込むことができるようにします。

[連絡先の書き込み]

ユーザーの連絡先データをアプリケーションで書き込むことができるようにします(読み取りは不可)。

[外部ストレージへの書き込み]

アプリケーションで外部ストレージに書き込むことができるようにします。

[閲覧履歴とブックマークの書き込み]

ユーザーの閲覧履歴とブックマークをアプリケーションで書き込むことができるようにします(読み取りは不可)。

[プロフィールの書き込み]

ユーザーの個人プロフィール データをアプリケーションで書き込むことができるようにします(読み取りは不可)。

[システム設定への書き込み]

システム設定をアプリケーションで読み書きできるようにします。

[SMS メッセージの書き込み]

SMS メッセージをアプリケーションで書き込むことができるようにします。

[ソーシャル ストリームへの書き込み]

ユーザーのソーシャル ストリーム データをアプリケーションで書き込むことができるようにします(読み取りは不可)。

[同期設定の書き込み]

同期設定をアプリケーションで書き込むことができるようにします。

[ユーザー辞書への書き込み]

アプリケーションでユーザー辞書に書き込むことができるようにします。

上の表の「説明」の列のドキュメントは、Apache 2.0 のライセンス規定で提供されたものです。Copyright © Android Open Source Project.

高度な使用権限

以下の使用権限は高度な Android 機能でのみ必要なものです。ほとんどのアプリケーションではどれも必要ないはずです。

項目 説明
[チェックイン プロパティへのアクセス]

チェックイン データベースの "properties" テーブルを読み書きして、アップロードされた値を変更できるようにします。

[SurfaceFlinger コンポーネントへのアクセス]

SurfaceFlinger コンポーネントの低レベル機能をアプリケーションで使用できるようにします。

[アカウント マネージャ]

アプリケーションで AccountAuthenticator を呼び出せるようにします。

[アプリウィジェットのバインド]

アプリケーションで、AppWidget のデータにアクセス可能なアプリケーションがどれかを AppWidget サービスに知らせることができるようにします。

[端末の永続的無効化]

デバイスを無効にできるようにするために必要です(非常に危険!)。

[パッケージ削除通知のブロードキャスト]

アプリケーション パッケージが削除されたことを知らせる通知をアプリケーションからブロードキャストできるようにします。

[SMS メッセージ受信通知のブロードキャスト]

SMS メッセージの受信通知をアプリケーションからブロードキャストできるようにします。

[WAP PUSH メッセージ受信通知のブロードキャスト]

WAP PUSH メッセージの受信通知をアプリケーションからブロードキャストできるようにします。

[あらゆる電話番号への自動発信]

ダイヤラ ユーザー インターフェイスを介してユーザー側で発信を確認せずに、緊急通報を含むあらゆる電話番号にアプリケーションから自動発信できるようにします。

[コンポーネントの有効状態の変更]

(自身のものではない)アプリケーション コンポーネントの有効/無効をアプリケーションで変更できるようにします。

[アプリケーション ユーザー データのクリア]

ユーザー データをアプリケーションでクリアできるようにします。

[位置情報更新の制御]

無線通信からの位置情報更新通知を有効/無効にできるようにします。通常のアプリケーションで使用するものではありません。

[キャッシュ ファイルの削除]

キャッシュ ファイルをアプリケーションで削除できるようにします。

[パッケージの削除]

パッケージをアプリケーションで削除できるようにします。

[デバイス電源の操作]

電源管理への低レベル アクセスを可能にします。

[診断]

診断リソースをアプリケーションで読み書きできるようにします。

[ダンプ]

アプリケーションでシステム サービスから状態ダンプ情報を取得できるようにします。

[工場出荷時テスト]

メーカー テスト アプリケーションとして、ルート ユーザー権限で実行します。デバイスがメーカー テスト モードで動作している場合にのみ利用できます。

[BACK 操作の強制実行]

任意の最上位アクティビティに対してアプリケーションから BACK 操作を強制的に実行できるようにします。

[ハードウェア テスト]

ハードウェア周辺機器にアクセスできるようにします。ハードウェア テスト専用です。

[イベントの挿入]

アプリケーションでユーザー イベント(キー、タッチ、トラックボール)をイベント ストリームに挿入し、それらを任意のウィンドウに配信できるようにします。

[位置情報プロバイダのインストール]

アプリケーションで位置情報マネージャに位置情報プロバイダをインストールできるようにします。

[パッケージのインストール]

パッケージをアプリケーションでインストールできるようにします。

[内部システム ウィンドウ]

システムのユーザー インターフェイス部品で使用するためのウィンドウをアプリケーションで開くことができるようにします。

[アプリケーション トークンを管理]

ウィンドウ マネージャにおけるアプリケーション トークンをアプリケーションで管理(作成、破棄、Z 順序変更)できるようにします。これはシステム専用です。

[出荷時設定へのリセット]

デバイスの設定を工場出荷時の設定にリセットし、ユーザー データがあれば削除するための、CheckinService.masterClear() を呼び出せるようにします。

[電話機能の状態の変更]

電話機能の状態(電源オン、MMI など)を変更できるようにします。これはシステム専用です。

[リムーバブル ストレージのファイル システムのフォーマット]

リムーバブル ストレージのファイル システムをフォーマットできるようにします。

[リムーバブル ストレージのファイル システムのマウント/マウント解除]

リムーバブル ストレージのファイル システムをマウント/マウント解除できるようにします。

[フレーム バッファの読み取り]

スクリーンショットを撮るなど、アプリケーションでフレーム バッファ データにアクセスできるようにします。

[システム ログの読み取り]

低レベルのシステム ログ ファイルをアプリケーションで読み取ることができるようにします。

[再起動]

デバイスを再起動できるようにするために必要です。

[アクティビティの監視と制御]

システム全体でアクティビティがどう起動されるかをアプリケーションで監視および制御できるようにします。

[常時終了の設定]

アクティビティがバックグラウンドに置かれたときにそれを直ちに終了するかどうかを、アプリケーションで制御できるようにします。

[アニメーション速度の設定]

アニメーション全般の速度を変更します。

[アプリケーションのデバッグ モードへの設定]

アプリケーションをデバッグ可能なように構成します。

[画面の向きの設定]

画面の向き(実際には回転)の設定操作に低レベルでアクセスできるようにします。

[マウス ポインタ速度の設定]

マウス ポインタの速度設定に低レベルでアクセスできるようにします。

[プロセス数の上限設定]

同時に実行可能な(必須でない)アプリケーション プロセスの最大数をアプリケーションで設定できるようにします。

[時刻の設定]

システムの時刻をアプリケーションで設定できるようにします。

[永続プロセスへのシグナル送信]

すべての永続プロセスへのシグナルの送信をアプリケーションから要求できるようにします。

[ステータス バー]

ステータス バーとそのアイコンをアプリケーションで開く、閉じる、または無効にすることができるようにします。

[デバイス統計情報の更新]

デバイスの統計データをアプリケーションで更新できるようにします。

[APN 設定の書き込み]

APN 設定をアプリケーションで書き込むことができるようにします。

[Google サービスへの書き込み]

Google サービス マップをアプリケーションで変更できるようにします。

[セキュリティ設定の書き込み]

セキュアなシステム設定をアプリケーションで読み書きできるようにします。

上の表の「説明」の列のドキュメントは、Apache 2.0 のライセンス規定で提供されたものです。Copyright © Android Open Source Project.

関連項目